おーたさんです。

おーたかずお公式ブログ

おーたかずお:自称「全方向・全天候型ピアニスト」関西方面で地味にやっております。
技量はまだまだですが、「伝わる」演奏を心がけています。
読みにくい漢字でよく似た名前の人がいますが、別人ということで。

プロフィールの全文をこちらに移動しました。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/9180466.html

4月の出没予定はこちらです。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/9000011.html

大阪市中央区のコミュニティーFM YES-fm で「おーたかずおの音楽de小話」という番組をさせていただいています。ラジオはもう8年目になります。
「おーたかずおの音楽de小話」Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCQ9-dE_EqYrXDY7WAXvlJJA

最近の参加アルバムについてこちらでまとめています。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/8830431.html

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/pianotadez/

Produits Exotiques / Fly me to the Moon
https://t.co/okL4Iif0Js?amp=1
OTOTOY「Play for Japan 2012 Vol.1」に収録されています。
売上が福島に寄付されます。
https://ototoy.jp/_/default/p/26159

不安な時、眠れない時、ちょっと試しに聴いてみてください。
羊シリーズ
https://soundcloud.com/user-502360810/sets/thk4gkeludmk/s-DBu9X

432Hzに変換したリストを作ってみました。
(7匹目~10匹目までの公開にしました)
https://soundcloud.com/user-502360810/sets/432hz/s-2E1DfkEeUup

おーたさんです。

フェイスブックやこうしたブログをやる以前から
メルマガを10年以上続けて発信して
ライブの情報などをお送りしてきたのですが、

受信環境の変化や多様化が進んでいることに鑑みて、
(今更ですが)
LINEの公式アカウントを作ってみました。

ブログの記事もさっとチェックしていただけたり、
登録者限定の情報などもお伝えできるといいなと思っております。

登録はこちらのアドレス

もしくはこちらのQRコードより
LINE公式QRコード

今後とも、どうぞよろしくお願いします

よろしくお願いします。



DSC_1062


<プロフィール>
幼少のころより音楽とピアノに親しむが、思春期の頃気がついたら勝手にジャズのようなものを弾き初めていて、ピアノと戯れているうちに大人の階段を踏み外す。

外大生時代に官費交換留学生としてブラジル・ミナスジェライス州に行く。卒論をブラジル人客員教授の指導の元粘りに粘って書いた結果、読むのがしんどい分量になる。さらに60分のカセットテープ5本を提出(こちらが本論)、指導教官以外誰が聴いたかは定かではない。

次年度のブラジル人客員教授がコピーして持って帰った3名分の卒論の一つとなった、らしい。

以後、さまざまな出会いを経て、現在、結局、音楽人。

原点と言われるものは様々あれども、
ジャズをベースにブラジル音楽やゴスペル等にも傾倒し、様々なジャンルでのセッションを重ねる。

10年を超えて続くサックス奏者栗田洋輔とのデュオワークはフォーマットにとらわれない自由な会話でジャズ的な時間を追求する。

誕生日・干支・血液型を同じくするギター奏者藤田鉄平とのユニット、
「THE 828」(ザ・ヤヅヤ)では藤田鉄平のオリジナルを中心に、アンプラグドな空間を創り出す。

自己をリーダーとするピアノトリオでは、
むねたけまさひろ(b)・冨永ちひろ(ds)と共に、
少し捻った選曲やアレンジを中心に独特の世界を醸し出す。

年間を通じて、レギュラーユニットの他にも、サイドマンとしてジャンルを問わず様々なセットに参加するセッションマンである。
繊細かつ豪放、リリカルからユーモラスな表現まで、振幅の広いプレイを身の上としている。

ラジオのパーソナリティは8年目。

おーたさんです。

4月が始まってしまいましたのに、
予定もアップできておらずスミマセン。

変更に同時共時に対応しながらの告知となります。

[終了しました]

20210404_蓄音機


セッション
ホスト
村上孝(ds)西川サトシ(b)おーたかずお(p)
16:00~19:00(いつもと時間帯が異なります)
CHARGE: ¥1,500(ドリンク別)

[当初の予定より変更あり]
4/ 7(水)聰音 

20210407_聰音_柴田奈緒_尚子


柴田奈緒(うた・ギター)
尚子(うた)
おーたかずお(ピアノ)

OPEN: 17:45
STAGES: 18:00 - 20:00

CHARGE: ¥3,000プラス別途ご飲食代¥1,000-(1ドリンク・おつまみ付き)

この公演終了後、21時より
柴田奈緒&おーたかずお 無観客配信ライブを行います。

(尚子さんの出演はありません)




START: 21:00 (1stage)

チケットの申込みと、
動画のアーカイブ視聴は
4月14日まで可能となっております。

4 /18(日)聰音 

20210418_聰音_オカジュン

オカジュン(vo)
三原脩(b)
おーたかずお(p)

OPEN: 17:15
STAGES: 17:30 - 20:00

CHARGE: ¥2,500プラス別途ご飲食代¥1,000-(1ドリンク・おつまみ付き)

今やあちこちのステージで歌われている
オカジュンさんと自分が知り合った頃は、
まだステージで歌ったりされるようになる前、はるか昔のことだったように思いますが、
月日はめぐり縁が繋がって、ついにステージでご一緒することになりました!

当日は配信もありますので、ぜひご利用ください。




[無観客無料配信]


Noites Cariocas Online

Tommy(Tb)
赤松洋一(Cav)
川辺ぺっぺい(B)
とみやん(Per)
ロベルトカジヤ(Per)
岸岡太郎(Per)
ダンス from サンバウー
おーたかずお(P)

無観客・無料配信ライブです。

この機会お見逃しなく、是非ご覧ください。
もちろん、お心付けもお待ちしております。




ニューサントリーファイブ_2021年4月6月


青木美香子(vo)
スイートメモリーズ
井手信志(b)
kanta(ds)
おーたかずお(p)
and more...

[開演時間にご注意ください]
STAGES: 18:20 /19:20  (各ステージ40分・20時閉店)

システム:例)お一人様ご予算/2,850円(税別)?
(テーブル・ライブチャージ込、1ドリンク、1フード)
※チャージ料金/カバー(テーブル)チャージ1,100円、ライブチャージ700円


20210424_パラカフェ 外薗美穂


トワイライトデュオ

外薗美穂(vln)
おーたかずお(p)

OPEN: 17:00
STAGES: 17:30

CHARGE: ¥2,500

外薗美穂さんとは、
ラジオの収録でゲストにおいでいただいた時に
セッション的に2曲ほど合わせていただいたことはあったのですが

二人でステージをやるのは初めてです!

しかも、ノンダクレの二人が盛り上がっていた
あの、パラカフェでのライブ、

楽しいひと時となることでしょう!!!

収録の模様はこちら

[当初の予定より変更あり]
4/ 7(水)聰音 

20210407_聰音_柴田奈緒_尚子



柴田奈緒(うた・ギター)
尚子(うた)
おーたかずお(ピアノ)

OPEN: 17:45
STAGES: 18:00 - 20:00

CHARGE: ¥3,000プラス別途ご飲食代\1,000-(1ドリンク・おつまみ付き)

この公演終了後、21時より
柴田奈緒&おーたかずお 無観客配信ライブを行います。

(尚子さんの出演はありません)

詳細はこちらより。



START: 21:00 (1stage)
視聴チケット:¥1,500 ~
チケットの申込みと、
動画のアーカイブ視聴は
4月14日まで可能となっております。

おーたさんです。

今日の再放送で紹介した
「Uncharted Waters / Fred Raulston」を出した

Inner City は実質4年間ほどの活動期間の間に良質な作品をリリースし続け、1979年には国際批評家投票で最優秀ジャズレーベルに選出されたほど評価の高かったレーベルです。

オンエアでも話しましたが、
KJAZ San Francisco でのホストや
カリフォルニア・バークレイでジャズの講座を長年やっていた
西海岸のジャズオーソリティー、
ハーブ・ウォンがジャケ裏の解説を書いていて、

彼がフレッド・ロールストンを
同レーベルの社長、アーヴ・クラタカに推薦して
2枚のアルバムを制作した経緯などが明かされていました。


Inner City レーベルは特に注意していませんでしたが、
女優シビル・シェパードがスタン・ゲッツらと吹き込んだ
有名な盤だったり、

ジュディ・ロバーツの一連のレコードなど、
自分が注目していた盤を制作したところだったのも
収録の後でわかって、

この辺ちゃんと調べきっていたらもっと
話を膨らませられたのに、とちょっと後悔。

このあたりのネタでもう一本やってみようか?

↑このページのトップヘ