おーたさんです。

おーたかずお公式ブログ

おーたかずお:自称「全方向・全天候型ピアニスト」関西方面で地味にやっております。
技量はまだまだですが、「伝わる」演奏を心がけています。
読みにくい漢字でよく似た名前の人がいますが、別人です。

3月の出没予定はこちらです。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/8789852.html

大阪市中央区のコミュニティーFM YES-fm で「おーたかずおの音楽de小話」という番組をさせていただいています。ラジオはもう5年になります。
「おーたかずおの音楽de小話」Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCQ9-dE_EqYrXDY7WAXvlJJA

最近の参加アルバムについてこちらでまとめています。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/8830431.html

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/pianotadez/

Produits Exotiques / Fly me to the Moon
https://t.co/okL4Iif0Js?amp=1
OTOTOY「Play for Japan 2012 Vol.1」に収録されています。
売上が福島に寄付されます。
https://ototoy.jp/_/default/p/26159

不安な時、眠れない時、ちょっと試しに聴いてみてください。
羊シリーズ
https://soundcloud.com/user-502360810/sets/thk4gkeludmk/s-DBu9X

432Hzに変換したリストを作ってみました。
(7匹目~10匹目までの公開にしました)
https://soundcloud.com/user-502360810/sets/432hz/s-2E1DfkEeUup

March 2020

おーたさんです。

時々、よく眠れたと声をいただく羊シリーズ、

七匹目がもう100回以上聴かれているということでいい気になっております。
ありがとうございます。

新作を追加したわけではありませんが、

全ての音源のマスターチューンを

432Hzに変更したものを公開します。

ぜひとも聴き比べていただきたいと思います。



それに伴い、それぞれのプレイリストに羊の写真を追加してみました。

写真はこちら、写真ACさんからの素材を使わせていただきました。

うん、かわいいぞ。



おーたさんです。

アメリカのナッシュビルと言えば、カントリーミュージックの聖地としても知られますが、
音楽産業が盛んなことで有名ですね(医療が一番の産業だそうです)。

ナッシュビルでスタジオヴォーカリストを多数擁する
Ten Two Six Music Group の専属シンガーの方々が、

自宅でスマホ録画したものを組み合わせて
アカペラのクワイアーの音源に仕上げたものをアップしました。

It is well with my soulを聴いてみる

編曲はDavid Wise さんという、この会社のおそらく社長さんでしょうか。
東京ディズニーランドの音源の仕事もされたそうです。

そして、もうひとり、この会社のサイトで
リーダーとして紹介されている女性、

Laura Coocksey さんは、世界中のディズニーパークでその声を聴くことができるだけでなく、
ワーシップリーダーとして、Micheal W. Smith, Mandisa といった人たちのバックを務めたり、

Amy Grant, Andrea Bocelli などのアーティストのエミー賞にノミネートされた作品にも入っているそうです。

それで、この賛美歌か、と納得しました。

この曲について、ちょっと調べたことがあります。


続きを読む

おーたさんです。

3月はこちらでお目にかかれます。
CDも持って出ますので、
まだ聴いていないという方も
是非是非ライブ会場にてお買い求め下さい。


続きを読む

おーたさんです。

3月30日のオンエアは、

年度末にふさわしく?

「さようなら」

という言葉にスポットを当てておしゃべりしてみました。

「さようなら」にスポットを当てた選曲をお楽しみ下さい。


さて、過日に4月上旬の収録を済ませましたが、

おいでいただいたお二人、

ひとりは昨年にも出ていただいた

串崎真志 関西大学教授です。

前回収録からメディアや講演の仕事が増えたという先生の
新著「繊細な心の科学 - HSP入門」をお持ちいただいて、お話を伺いました。

中学高校と、おーたさんと熱く語り合ったジャズ仲間でもある
串崎先生の好きなプレーヤーを語る時の熱っぽさに懐かしくなりました。

3曲で、ってお願いしたのに、
2020-03-24 14.03.01

山のようにCDを持ってきた串崎先生。

4月19日には串崎先生の講演会が予定されています。
詳細はリンクから。
  

そして、
16日のオンエアは、
串崎先生の教え子でもある、
大阪市港区の
NPO法人「寺子屋ひゅっげ」

理事長、
中村隆行さんにおいでいただきました。

本職は
本門法華宗 安国山上行寺
ご住職ということで、

これからの時代にマッチしたお寺のありかたについてのお話などを伺いました。

これからどんどんと、
人とのつながりが重要になってくる時代と感じられますが、

お寺が、個人が仏様とのご縁をいただくだけでなく
人と人が繋がる場所として機能していくことも考えておられます。

寺子屋ひゅっげでは、HSP講座を始めとして、
学校休暇中にはこどもたちが参加できる催しなども
多数開催していて、これからさらに地域に貢献されることと思います。

では、オンエアをお楽しみに!

状況に鑑み、

3月29日のボンズロザリーでのライブは中止との連絡がありました。

またの機会に。

タイトル通り、

4月2日に予定していたChove Chuva での
Y.Y.'s Especial 2020 のライブは
出演者都合で中止になりました。

リーダーである
ヤマダヨシオさんが鍼灸師として
患者さんの治療にあたっておられることもあって、
大事をとられました。

この決断を尊重・支持します。

次回がある話ですので、
楽しみにお待ちいただきたいと思います。

おーたさんです。

1月27日のオンエアでは

Live at Murra の録音メンバーでもある
冨永ちひろさんをお迎えしました。




CDが出来上がるまでの話を、
アルバム「Live at Murra」より選曲しながらうかがいました。

みんなそれぞれに、
人生を変えるような人との出会いってあるんですね、
という話も出たりしながらの収録でした。

 

1曲目に選曲した「Dom Quixote」
(ポルトガル語では、ドン・キショッテとかドン・キショッチとか発音します
誰ですか、きしょっ!って言ってる人は)



アロワナカルテットのライブが

4月25日
Chove Chuva

であります。
ぜひよろしくお願いします!

おーたさんです。

2月3日のオンエアは、
日本でもまだ数えるくらいしかいないと思われる
ダルブッカ奏者の
森内清敬さんがゲストでした。



なぜまたトルコへ、と伺ってみると、
なんと、大学の後輩だったことが発覚、
一気に近い存在に感じました(笑)

なるほど、そういうことだったのね。

なんの気なしに住んだトルコでの
経験が人生を変えた、という
こちらもまた運命の出会いのお話でした。



1曲めに選んだ、
Armen Donelianの「To waltz or not to...」はこちらのアルバムに入っております。


そして、選んでいただいた
森内さんの師匠、
ムスル・アフメットの音源はこちらです。

そして、

続きを読む

おーたさんです。

2月17日のゲストは
バンドネオン・キーボード奏者の
生島大輔さんでした。



ギターに始まり鍵盤楽器、
そしてピアソラへと傾倒する音楽人生について
渋い声でお話しいただきました。

生島さんとは旧知の仲でしたが
昨年初めて現場でご一緒させていただいた後に
タンゴのユニットに混ぜてもらって
勉強させていただいています。

グラバー邸の辻先さんのご厚意で
ビールを飲みながらの収録となりました。

後半はスタジオセッションということで
演奏をご一緒いただきましたので
ぜひお楽しみ下さい。

しかしまあ、
昨年グラバー邸で前回収録させていただいた時は
バイオリンの
外薗美穂さんとやはりタンゴを一緒に演奏しまして、
グラバー邸 × おーたかずお=タンゴなのか?

そして、番外編ということで、



続きを読む

おーたさんです。

時間も限られているのでまとめて2月を振り返ろうと思います。

2020-02-02 19.17.14
2020-02-02 20.01.46

2月2日のむ~らさん周年
アロワナカルテットでの演奏の一幕から、
そこに山内詩子さんや、
登敬三さん、武井務さんの2テナーが入り乱れての超豪華セッション。
メンバーとしてその現場にいられて幸せでした。

これからも、レコード、ライブと
「ジャズの楽しさ」に出会えるお店として
む~らさんにはずっとずっと頑張っていただきたいです。

そして8日は
淡路のTommy'sさんにて、
濱明子さんとご一緒。

昼間のライブで、じっくりと聴いていただきました。

2020-02-08 14.15.53

2020-02-08 17.03.50

篠笛を演奏する柴田真依さんにもおいでいただき、はい、パチリ。

いや、ふたりとも本当に小顔なんですけどね、
さらに遠近法を使うもんだから、もう。

13日は、
新規オープンのホテル、
東急ステイ大阪本町さんの関係者向け試泊会で
ヤマダヨシオさんと演奏しました。

2020-02-13 18.04.25

なかなかフフッフーなシチュエーションでしょう?

ヤマダさんの美しくも陰影に満ちたオリジナルを演奏した後は、
ワインをごちそうになり上機嫌で、
ヤマダさんと初めてじっくり語り合いました。

21日の
くりたおーたデュオ@む~ら

2020-02-21 21.17.40-1


ジャズですから、同じメンバーで同じ曲を演奏しても
同じ演奏にはなりっこないんですが、
毎回毎回、とても新鮮な気持ちで演奏しています。

もっと栗田さんの引き出しを開けて、
いろんなものを広げて見たいな、と思いました。

そして、22日は
青木美香子さんの定例ライブ、
今回は場所を変えて
上本町のSTAR LIVE U6さんにて。

2020-02-22 21.10.44

キャンセルのお客さんが多く出たと伺いましたが、
蓋を開けると、当初把握していたよりも多くのお客さんに
おいでいただいたようです。

ファンキーなお客さんの掛け声もまた善き哉で、
「与作」に続くアレンジものとして
「襟裳岬」を披露させていただきました。
ここからブラッシュアップしていけたらいいなあ。

24日は
フラットフラミンゴさんでの
Tommy さんとのデュオ。

Tommyさんの非常にスムースなプレイを伴奏できて、
後から「やりおった」とおっしゃってくださいました。

87453441_575579626501865_884344391995490304_n

4/1にフラットフラミンゴでの再演が決まっております。

そして26日は
燈門さんにて11月ぶりの
尚子さんとのデュオライブ。

88036137_854811671611334_8439221737157033984_n

こちらもじっくりと歌に向き合いながらの濃密な時間でした。

なんと、
88055241_506324290028930_1012382637014122496_n

大学の後輩が最近歌を歌っている、ということで、
ポルトガル語で歌を披露してくれました。

いや~、彼女とは知り合って30年ほどになりますが、
現場で一緒になるとは思っていませんでした。
本当に、縁って不思議なもんだな、としみじみ思いました。
87455616_717919285408058_2315692189562175488_n
こんな顔してやっていたのか。

咲耶会のライブについては
長くなりそうなので、別の投稿で振り返ってお伝えしたいと思います。

いや~長々とスミマセンでした。

残り3月のライブ、
急な変更がなければ開催の予定です。

ただし、直前の情報にはご注意下さい。

元気な姿でお会いできることを願っております。

↑このページのトップヘ