おーたさんです。

おーたかずお公式ブログ

おーたかずお:自称「全方向・全天候型ピアニスト」関西方面で地味にやっております。
技量はまだまだですが、「伝わる」演奏を心がけています。
読みにくい漢字でよく似た名前の人がいますが、別人です。

3月の出没予定はこちらです。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/8789852.html

大阪市中央区のコミュニティーFM YES-fm で「おーたかずおの音楽de小話」という番組をさせていただいています。ラジオはもう5年になります。
「おーたかずおの音楽de小話」Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCQ9-dE_EqYrXDY7WAXvlJJA

最近の参加アルバムについてこちらでまとめています。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/8830431.html

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/pianotadez/

Produits Exotiques / Fly me to the Moon
https://t.co/okL4Iif0Js?amp=1
OTOTOY「Play for Japan 2012 Vol.1」に収録されています。
売上が福島に寄付されます。
https://ototoy.jp/_/default/p/26159

不安な時、眠れない時、ちょっと試しに聴いてみてください。
羊シリーズ
https://soundcloud.com/user-502360810/sets/thk4gkeludmk/s-DBu9X

432Hzに変換したリストを作ってみました。
(7匹目~10匹目までの公開にしました)
https://soundcloud.com/user-502360810/sets/432hz/s-2E1DfkEeUup

April 2020

おーたさんです。

今日はライブです!


と言っても、現場があるわけではありません。

オンエアで、過去のライブ音源を流します。


2018年11月2日、
くりた・おーたデュオの
先日残念ながら閉店された
クロスロードでの演奏


2020年4月2日
ミスターケリーズでの
滝沢ミナコ・おーたかずおデュオの演奏


2020年3月12日

クレッセントでの
高田靖子・おーたかずおデュオの演奏


をオンエアします。


ドリンク片手にごゆっくりどうぞ。

こちらからお聴きいただけますのでぜひ!
https://www.yesfm.jp/about/listen

おーたさんです。


で、

賛美歌「It is well  with my soul 」(安けさは川のごとく)が
生まれた経緯について書きました。

その後の話で、興味を惹かれた部分について
オンエアでもお話した内容をこちらにも書こうと思います。

もし、ここまでの内容をご存じない方がおられたら、
先程の過去の記事をご覧ください。



彼の教会は、スパフォードがこうした度重なる災難にあったのは

彼の罪に対する神罰だ、と彼を非難し、

スパフォードもそれに応酬するということがあったようです。


教会からの救済も得られず、

また、経済的にも苦労したこともあり、

彼は物質的な成功から魂の巡礼へと、哲学的に変節していきました。


その後、スパフォードは教会を離れ、

自分の宗派を立ち上げて


大人13名、子供3名(遭難事故後に妻ともうけた子どもたち)でエルサレムに移住しました。


そこで「アメリカンコロニー」という集団で

鶏を育てたり、野菜や果物を作ったりしながら生活をし、


そこにスウェーデン人コミュニティーも加わって慈善活動を始めることになります。



彼は宗教宗派関係なく、

また改宗を勧めることを目的ともせずに人助けをしていったので、

エルサレムのイスラム教、ユダヤ教のコミュニティからも信頼を得ることになりました。



また第1次世界対戦中、戦後、アルメニア人虐殺やアッシリア人虐殺の期間を通じて

炊き出し、孤児院、病院などで、これらのコミュニティを助け続けました。



このアメリカンコロニーを訪れた、

スウェーデン人作家セルマ・ラーゲルレーヴ(「ニルスのふしぎな旅」の作者)が

2巻に渡る大作「エルサレム」でこのコロニーのことを書いて、

ノーベル文学賞を受賞しました。


スパフォードの邸宅は現在、

アメリカンコロニーホテルというホテルになっています。

すごくいいホテルみたい。



という、話でした。



この投稿を書くにあたっては、

英語のサイトをいくつか参考にさせていただきました。

おーたさんです。

栗田さんより、
クロスロード、閉店したの?

と尋ねるメールがきました。

のサイトを見ると、たしかにそのように書いてあって、
目を疑いました。

4月16日の水野さんとのステージをキャンセルする連絡をしたときには
5月からこの事態が収束するまではしばらく閉めようかと思っている、
とお話されていたのに。

マスターの村上さんに連絡したものかどうか、
迷っているうちに、

栗田さんがメールを送ったみたいで、
村上さんからこちらにもメールがきました。

いわく、
「凄く凄く悩んだ結果、閉店することになってしまいました」
と。

ちゃんと会ってご挨拶して、感謝を伝えることもままならず、
残念な気持ちばかりが浮かんできました。

村上さんはにはもう10年以上前からお世話になっており、
ご本人もドラマーで、音楽についてはご自分の考えを強く持っておられ、
自分で納得したミュージシャンしか継続して出さない、という
ポリシーを貫いておられました。

毎回、大先輩ミュージシャンに聴かれる、というのは
独特の緊張感がありました。

そんな中で自分の拙い演奏を買って下さり、
特に栗田さんとのデュオでは、
集客に苦労することが多かったにもかかわらず、
10年以上、ずっと辛抱強く
「次はいつ…」とブッキングをしてくださいました。

栗田さんとのデュオは5月にも決定していて、楽しみだったのに
それも叶わなくなってしまいました。

また別のユニット、828の相方である
藤田鉄平君のオリジナルを気に入ってくださり、
彼はクロスロードでのライブがあるたびに
新曲を書き下ろすようになって、
彼の曲だけでライブができるようになったのも、
村上さんのおかげだと思っています。

20年、数々のミュージシャンを見守って来られ、
また自分をここまで歩かせて下さった
村上さんとクロスロードというお店には感謝しかありませんが、
何もこんな形でなくても、と思うとちょっと悔しい。

「店なくなるときまで、よろしく頼むでえ」

とおっしゃっていたのに。あっけなさすぎます。

村上さんはこれからもミュージシャンとして活動されるとのことなので、
どこかの現場でまた、ご一緒いただける機会を楽しみにしたいと思います。


おーたさんです。

4月19日(日)は
北加賀屋カフェウッドロードさんの
創業5周年記念として
アニジャズコンサートを開催するはずでした。

が、

この非常事態宣言下で延期を余儀なくされ、
この日は代わりに無観客でYoutubeにてライブを配信する運びになりました。

久しぶりに人に会う感じがして、すごく嬉しかったです。

機材のセッティングを試行錯誤しながらの
サウンドチェックリハ

アニジャズということで、
アニメソングをジャズにアレンジして演奏するというので、

衣装も面白い感じで、とリクエストがあったので、

軽く10年以上は眠っていた、
あの、例のやつを引っ張り出して現場に向かったのでした。

その例のやつというのは、
昔からの知り合いなら失笑とともに、
ああ、あれね、と言いそうなものですが、

まだフランス語圏でアレが流行り出すのに先駆けて持ち込んでいて、
アメリカ人だけが反応していた例のやつ…

1999年の
モントルージャズフェスティバルでその格好で演奏したという、
あの時は自分なりに度胸試しのつもりでしたが😅


実は機材よりも、
このオモシロ担当約2名の衣装の色が、
バリ被りしてしまったのが大問題(!?)だったのでした。

DSC_8839
チーチョさん…
それ、アニメじゃなくてドリフの〇〇兄弟じゃん!

個人的には大好きです!

が、チーチョさんもしまった、と思われたようでした。

そして、配信がうまく行っているのか気にしながらの本番…
お客さんの反応がないまま演じる、
いつもと勝手の違う感じ、

なかなか面白かったです!

今回は何というか、
残念ながら、このような形で、と言ってしまいがちですが、

お陰でという面もあって、

実家の姉にもLINEを送って配信を見てもらう事ができ、

楽しかったぞよ、と後からメッセージをくれました。

姉にライブを観てもらうというような事は
まあ通常滅多にあることではないですし、

恐らくここ暫くの間ピリピリした緊張感の中で
仕事をしているに違いない援助職の
姉にちょっとでも息抜きをしてもらえたり、

さらに、アニメブームの真っ只中で育った人には
わかる曲ばかりだったので余計に楽しんでもらえたのかな、と
思いました。

また、遠方の方、子育て中でライブにはなかなか来れない、という方、
おーたさんがピアニストだと知らなかった方(!)にも
ご覧いただけました。

いつもとは違う人達に音楽を届けられた、と言う意味では
よかったと思います。



こちらの動画は、日曜日までの公開になります。

リアルタイムで見逃された方も、この機会にぜひお楽しみください。





おーたさんです。

本日4/15(水)Jazz On Top で内容を変更して予定しておりました
おーたかずおソロ・ピアノ

4/16(木)クロスロードで予定しておりました
水野鈴・おーたかずおデュオ

4/30(木)ニューサントリーファイブで予定しておりました
青木美香子定例ライブ

以上、中止となっております。

ニューサントリーファイブさんは、
緊急事態宣言発令中は
レストランとして営業されるようです。

フードの美味しいお店です。
何か梅田でお食事をされるようなことがあれば、
立ち寄ってみられてはいかがでしょうか。


ニューサントリーファイブさんは、
5月6日まで営業を自粛されるそうです。

おーたさんです。

4/19(日)に予定しておりました、

北加賀屋カフェウッドロード創業5周年コンサート
延期になりましたが、

19:00より30分ほど生配信をする運びとなりました。


チャンネル登録もしていだけると嬉しいですね。

 


当日の出演メンバー、
廣田さんと、ボーカリストの井上恵利さんが
動画を作ってくれましたので、 ぜひ、こちらもごらんください。

19日(日)19:00です!

85043315_1000430353672675_6107096040647688192_n

85084807_184647005972626_5162156154096189440_n



おーたさんです。

番組の収録はこの状況下でも続きます。

幸いラジオは声だけなので
スタッフが一箇所に集まらなくても収録はできるだろう、と

ビデオチャットによる会話での収録でした。


やってみてわかったのは、
会話が伝わるスピードが
対面よりは遅れますので、

相槌やツッコミ、会話となると
対面のときとはリズムを変える必要があるな、と感じました。

こちらも慣れない形でしたので
(おーたさんはしゃべりのプロではありませんから経験値は非常に低い)、

上手く行ったのかどうかも判断できませんが、

もし、次回の収録もこのような形で行われるならば、
今回よりは上手くできるようにしたいと思っています。


続きを読む

おーたさんです。

3月9日のオンエア

前半は
「酢酸の日」

ということで、

お酢の効能についてお話しました。


そして、後半は

サン・キューということで

ありがとうという言葉についてのお話でした。


英語ではズバリ、「あなたに感謝」ですが、

日本語ではどういうことなのか。


有り難し、という、

滅多にないことである、というところから来ているわけですが、


これがお釈迦様の説話から来ていたとは、知りませんでした。

詳しくは、

「盲亀浮木のたとえ」

を調べていただけるとよいです。


メチャクチャ、滅多にない、あるかないかわからないくらいのことです。


今のこの時期を過ごしていく中で、

普通に生活できることがどれだけ有り難いことか、

あたりまえだと思っていたことが本当は

有り難いことで、

日常に感謝だなあ、と再認識する機会を与えられているように思います。



 
というわけで、トークをノーカットでお楽しみ下さい。

流した曲は、




The Girl Friend / Andre Previn, Sherry Mann, Leroy Vinnegar



ありがとう / D.W.ニコルズ




Encontros e Despedidas / Flora Purim

でした。

おーたさんです。

このようなブログを見つけました。


おーたさんはこのブログで紹介されている人のように

自分の名前が嫌い、とまでは言いませんが、

漢字で書くとまず読んでもらえない、というのは同じなので、

その気持はわからないでもないです。

仲間がいた!(笑)


何なら名字だって、複数書き方があって、どっちも珍しくないものなので

ときどき混乱が起きます。


で、ひらがなにしたのですが、

おおた


かずお

も普通にある名前なので、

どこか差別化したい、というちょっとセコい考えで

名字をちょっぴり変えてみた次第です。


これはこれで、ふざけた名前だ、と言われたことがあります(笑)


でも、自分の名前を心底好きになる、って大切なことなんですね。

確かに、名前がないということは、そのもの自体が存在しないのと同じですからね。


さて、自分の名前に思いを馳せてみようかな。

自己肯定感が上がるだろうか。

「和」という字が入っていてよかったな、と思っています。

おーたさんです。

寝られてますか?

今日トイレットペーパーが最後の1ロールになったので買いに行ったら、

山積みのものを見つけて、

「あ、あるじゃん、よかった!」

と思って、レジに持っていったら、

732円もして、

おかしいな、と思いながら商品を持って帰りました。


よくよく見ると、

1.5倍の長さの太めのロール紙で、


ああ、そういうことだったのか、と納得しました。

独り住まいだし、最近食が細いので

一ヶ月は余裕、当分これでいけるでしょう。


そんな話をしたかったわけではなく、

羊シリーズの8匹目を作ったので

またご利用下さい。




皆さんいろいろなお立場やお考えのある中で、

それぞれの持場で、一緒に乗り切っていけたらと思います。


↑このページのトップヘ