おーたさんです。

おーたかずお公式ブログ

おーたかずお:自称「全方向・全天候型ピアニスト」関西方面で地味にやっております。
技量はまだまだですが、「伝わる」演奏を心がけています。
読みにくい漢字でよく似た名前の人がいますが、別人です。

3月の出没予定はこちらです。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/8789852.html

大阪市中央区のコミュニティーFM YES-fm で「おーたかずおの音楽de小話」という番組をさせていただいています。ラジオはもう5年になります。
「おーたかずおの音楽de小話」Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCQ9-dE_EqYrXDY7WAXvlJJA

最近の参加アルバムについてこちらでまとめています。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/8830431.html

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/pianotadez/

Produits Exotiques / Fly me to the Moon
https://t.co/okL4Iif0Js?amp=1
OTOTOY「Play for Japan 2012 Vol.1」に収録されています。
売上が福島に寄付されます。
https://ototoy.jp/_/default/p/26159

不安な時、眠れない時、ちょっと試しに聴いてみてください。
羊シリーズ
https://soundcloud.com/user-502360810/sets/thk4gkeludmk/s-DBu9X

432Hzに変換したリストを作ってみました。
(7匹目~10匹目までの公開にしました)
https://soundcloud.com/user-502360810/sets/432hz/s-2E1DfkEeUup

May 2020

おーたさんです。



先日の、梅田Alwaysで行われた
坂井楊子さんフロント、
Reikoさんのバイオリンと
仕切り役の鈴木泰徳さんのドラムとのライブは、

お客さんも適度な距離で着席された中で
またYoutube で楽しまれるお客さんも
チャットでいろいろと発言されたりし、

また自分もMC中にこっそりチャットに入力したりしながらの(笑)

楽しいライブとなりました。

やっぱり、ライブって、いいですね。

同じ場所で一緒に音を出すことに勝るものなし、という思いです。

お客さんも、「ライブ最高!」とおっしゃっていました。

さて、

本日となってしまいましたが、
5月29日は京都三条の超老舗ライブハウス
LIVE SOPT RAGさんにて、

ロス・ロン毛ロス&シルビア

のライブが行われます。

ブラジル風味のジャジーなライブです。

メンバーは、

Tommy (Tb)
武井努(Ts,Fl)
川辺ぺっぺい(B)
冨永ちひろ(Ds)
おーたかずお(P)

という面々。

本当に全員がロン毛で、
ロン毛でなくなった時点でバンドを抜ける、
というようなことまで言われていたりしましたが(笑)、

ある日、冨永さんがショートにされたとき、
どうすんねん?みたいな話が持ち上がりました(笑)

自分は、彼女はシルビアさんなんで、と
Tommyさんに提案したら、

「おめーもあめーな」と言われましたが、(笑)
結局そのようになりました。

ということで、冨永さんは、
ロン毛枠でも、シルビア枠でもこのバンドにいられるということで、
不動の地位を確立されました。

自分がショートにしても、シルビアにはなれないなあ…

ステージは19:30より、
送られてくるURLに入れるのは19:25からだそうです。

1ステージ一本勝負で、
当日リアルタイムでご覧になれない方も、
6/5(金)まではアーカイブされた動画をご利用いただけます。

ただし、チケットはライブ終了時点までの販売ですので、
ご注意下さい。

チケットは1500円。

普段なかなか足を運べない、という方も
この機会にぜひお楽しみいただきたいです。

おーたさんです。

5月24日のライブ音源蔵出しの再放送もよろしくおねがいします。

6月上旬オンエア分の収録もテレワーク収録となりました。

今回はなんとニューヨークから、
ジャズボーカリスト
みとゆかさんと繋いで
お話しいただきました。

収録時点での
ニューヨークの様子や
過ごし方についてもゆっくり
お話しいただきました。

今回はじめてZOOMで収録してみましたが、
ZOOMって、バーチャル背景が使えるんですね。

さっそく使って遊ぶ我々(笑)

98346248_2648397958782835_3200523665208770560_n

おーたさんは京都のジャズ喫茶「む~ら」のアロワナが泳ぐ水槽です。

そして、河原さんは大好きなライオンキング

なんと、
みとゆかさんがニューヨークで
いつも共演しているピアニストさんが
ブロードウェイで上演している
ライオンキングのメインピアニストだった、という
面白いシンクロがありました。

また、オフレコ中には絶対にここでは言えない
話題が飛び出て大いに盛り上がり、
ニューヨークの現地時間では
深夜になりお疲れのところだったと思いますが
非常に楽しい収録となりました。

6月1日もお楽しみに!

おーたさんです。

最近のオンエアでは、
蔵出しと称して、
過去のライブ音源をオンエアに載せていただいております。

ネタがないんだろう、という声が聞こえてきそうですね(笑)

それもありますが、
この時期すっかり人前で演奏することもなくなり、

それは自分だけではなく、
ライブハウスが営業自粛を求められる中で
自分だけでなくミュージシャン全体として
活動場所を失っているこの時に、
なんとか生演奏の雰囲気というか
名残だけでも、という気持ちで
やらせていただいております。

さて今回は、
それとは別に、収録時に
ゲストさんに演奏していただいたもの、
おーたさんとセッションしていただいたものを集めた
リストを作成しました。

こちらのリンクから飛んでいただけます。


動画の説明のところに、
何分辺りから、というコメントを入れておりますので、
ご利用ください。

こうやって集めてみると、結構やっていただいていて、
今までなんでこのリストを作ってこなかったんだろうと思います。

2017年8月24日オンエア、これは台風の日に収録したんだったかな?
東京進出を発表する直前
(オンエアの日に今日言います、みたいな話だったかな?)の
ちなげさんにおいでいただいたときのものです。

まさに絶好のタイミングで、この時を逃せば
なかなかつかまらない人になっていたと思うと
おーたさん、なかなかの慧眼でした。

久しぶりに会ったちなげさんの
女っぷりがめちゃめちゃ上がっていて
父親くらいの年齢なのに
おーたさん、ちょっとドキッとしました(笑)

2018年12月3日オンエアは、
バイオリンの外薗美穂さんとの、神回と呼んでいたものです。

収録時にガンで闘病していた共通の飲み仲間に
捧げた演奏でした。

残念ながらオンエア日には間に合いませんでしたが、
天国で聴いていただけていたら、と思います。


2019年3月18日オンエアは、
ちょっと事情があって収録日の午前中にお声がけして
なんと快諾いただいたという
フルートの市瀬由紀さんと。

市瀬さんのオリジナルを演奏していただきました。

2019年7月8日オンエアは、
御大・カオリーニョ藤原さんと、いつものステージさながらに、
おなじみのレパートリーをご一緒いただきました。

2020年1月6日オンエアは
津軽三味線の野崎竹勇雅さんに、独奏で曲弾きを披露していただきました。
それぞれの得意技を披露するという、
名刺代わりの演奏だそうです。

2019年11月25日オンエアは、
ギターの牧野由希子さんが高速でルービック・キューブを6面完成する
様子をエアに乗せたという、なんとも無謀な企画でした。

今は動画で確認いただけますが、
オンエアでは、ただ単に、ガチャガチャと
キューブを回す音だけが流れていたという、
リスナーさんをモヤモヤさせる一幕でした。

また、JC&CのアルバムやPVからの音源を
がっつり乗せておりますので、そちらも合わせてお楽しみください。

2020年2月17日、これが最新になります。
バンドネオンの生島大輔さんとのセッション。

グラバー邸での収録はなぜかタンゴという不思議なことになっております。

また、オンエアには未収録の La Cumparsita の動画も
リストにいれておりますので、
是非ご覧ください。

おーたさんは、ぶっつけ本番でかなり慌てた感じになっております。

ご覧になったあとは
チャンネル登録もしていただけるとありがたいです!
よろしくおねがいします(^^)

おーたさんです。

5月25日(再放送:5月31日)のオンエアは久しぶりに、
今日は何の日シリーズです。

出版界の大事業がふたつ
違う年の、5月25日に完成しています。

一つは岩波書店の「広辞苑」、
そして、もう一つは、
大修館書店が出版した世界最大の漢字辞典である
「大漢和辞典」です。

想像を超える労力と時間の果てに
完成したと知ってビックリしました。

また、戦争で版や物資が失われてしまったり、
制作が中断しそうになったりしながらの
完成でした。

昔の話ですが
現代の私達に向けての
メッセージにも思えてきます。

また、ニッコリしそうな話も交えてみました。

今回もお楽しみに!

番組を楽しむにはこちらから↓
<エフエムプラプラ>
ブラウザから、あるいは便利なアプリから
https://www.yesfm.jp/about/listen

おーたさんです。

気もふさぎがちになる今日このごろですが、
うれしい知らせが飛び込んできました。

ナサンゥン・ポルト・リコ オフィシャルアカウント(Instagram)


以前ゲストに出ていただいた、
ブラジルの伝統宗教カンドンブレと
伝統舞踏マラカトゥを撮り続ける
写真家・新多正典さんと作品が


ご自身が5年間追いかけている
マラカトゥのチーム、
ポルト・リコのオフィシャルアカウントで
採り上げられ、コメントされています。


コメントの大意を拙訳でごらんください。

しかし下手な訳でスミマセン。


--------------------------------------------------------

日本人写真家新多正典さんの素晴らしい写真は要チェックです!このアナログカメラで撮影した写真は2020年のカーニバルでの私達の子どもチームの記録です。

最後の2枚は、もう5年も前から日本からレシーフェへやってきて私達の大切なチームに付き添って写真を撮ってくれた新多さんの写真集です。


新多さんによれば、1冊目( Explode Coração )は日本で初めてとなるマラカトゥの写真集だったので、指針となるように作ったそうです。オフィシーナ(ワークショップ)、カンドンブレ、街の光景、行進といった、カーニバルのあらゆる話が載っています。


2冊目( Mensageiro dos Deuses )は「マラカトゥはカンドンブレそのものだとわかったので、マラカトゥを街路で行われるカンドンブレとして描写しようとしました」とのことです。

私達はエシュー(2019年のカーニバルで祀られたオリシャー(ヨルバに伝わる自然の神々)で言語とコミュニケーションを司る)についての一文を書き、一章が全てエシューの場面の写真に集約されました。


そして新多さんはこのように結んでいます。「もし私の写真が気に入ったなら、それはナサゥン・ポルト・リコ(新多さんが取材されているマラカトゥのチーム)そのものを気に入っていただけたことになると思います。ポルト・リコを知ってからマラカトゥが大好きになりました。もっとおとなしいマラカトゥもあると思いますが、それは自分が表現したいものではありません。ポルト・リコから目を離さないような作品作りを心がけています。」


新多さん、あなたの作品は素晴らしい!アシェー(新多さんに幸あれ)!


--------------------------------------------------------------------------------






そしてこちらは、

新多さんにおいでいただいた時のオンエアです。


マラカトゥに触れるようになったきっかけや、

裏話など、お話いただいていますので、

ぜひごらんください。

カンドンブレは儀式を伴う宗教であって、
コミュニティ外の人間が簡単に取材したり
写真を取るということは
なかなか容易ではないと思いますが、

そこで人間関係を築いた上で、
素晴らしい写真集を作り上げた
新多さんのお話です。


写真集:


一作目「Explode Coração」




最新の二作目「Mensageiro dos deuses」


はそれぞれリンク先からご購入いただけます。






おーたさんです。

で、オセンチな話に熱を入れすぎて
5月18日の予告をするのを忘れた感がありますが…

この回も

2019年12月6日
クロスロードでの最後の演奏となった
くりた・おーたデュオで
U.M.M.G

2019年12月25日
theater jazzy での
松井優樹・森内清敬・おーたかずおの演奏で松井さんのオリジナル、
Flower Crown

2019年5月23日
クロスロードでの
THE828の演奏で
藤田鉄平さんのオリジナル
ケヤキの木

をお楽しみください。

おーたさんです。

5月11日のオンエア、

「かずおセンチメンタル」と題して、
ブラジルで目にして思わず涙した光景、ということで、
2つお話させていただきました。

ひとつは、
ミナスジェライス州ジュイス・ヂ・フォーラの市街地から
リマ・ドゥアルテという街に行って、
そこから更に山を登ってたどり着く

コンセイサゥン・ヂ・イビチポッカと呼ばれるところですが、
ここには国定森林公園というのでしょうか?
山林の自然が保護指定されていて
ヨードを含んだ茶色の水が流れる滝や
かつて先住民が住んでいたという洞窟などが
あります。

今は随分観光地化されているみたいですが、

当時は車を持っていなければ、
早朝ににレイテイロと呼ばれる
牛乳を回収して回る人のトラックの荷台に
いくらか払って便乗させてもらって登っていくか、
とぼとぼ歩いて行くか。

レイテイロのトラックに10人単位で箱乗りして、
デコボコの舗装もしていない山道を登っていくんですから、
これはもうワイルドです。

日本ではまあ、できない体験でした。

その山を登ったところに集落があって、
お世話になっていた人が持っていた別荘で
何日間か過ごしたとき、

雨上がりの夕方だったか
まだほんのり明るかったんですが、

光の筋が、ひとつ、すうっと
またたいて消えたのが見えました。

変だな、と思ったのですが、あまり気にもとめないでいると、
周りが薄暗くなっていく間に

段々それが増えてきて
ようやくそれが
蛍だと気が付きました。

無数の光の筋が飛び交う様をみて
自然に涙がこぼれました。

子供の時に、父親に連れられて蛍を見に行ったことがありますが、
あんなに沢山はいなかった。

感動がこみ上げてくる前に、涙って流れてくるんですね。


そして、もう一つは、

休暇を利用して、サンタ・カタリーナ州へ行ったときのことでした。








続きを読む

おーたさんです。

5月11日のオンエア、

「かずおセンチメンタル」と題して、
ブラジルで目にして思わず涙した光景、ということで、
2つお話させていただきました。

ひとつは、
ミナスジェライス州ジュイス・ヂ・フォーラの市街地から
リマ・ドゥアルテという街に行って、
そこから更に山を登ってたどり着く

コンセイサゥン・ヂ・イビチポッカと呼ばれるところですが、
ここには国定森林公園というのでしょうか?
山林の自然が保護指定されていて
ヨードを含んだ茶色の水が流れる滝や
かつて先住民が住んでいたという洞窟などが
あります。

今は随分観光地化されているみたいですが、

当時は車を持っていなければ、
早朝ににレイテイロと呼ばれる
牛乳を回収して回る人のトラックの荷台に
いくらか払って便乗させてもらって登っていくか、
とぼとぼ歩いて行くか。

レイテイロのトラックに10人単位で箱乗りして、
デコボコの舗装もしていない山道を登っていくんですから、
これはもうワイルドです。

日本ではまあ、できない体験でした。

その山を登ったところに集落があって、
お世話になっていた人が持っていた別荘で
何日間か過ごしたとき、

雨上がりの夕方だったか
まだほんのり明るかったんですが、

光の筋が、ひとつ、すうっと
またたいて消えたのが見えました。

変だな、と思ったのですが、あまり気にもとめないでいると、
周りが薄暗くなっていく間に

段々それが増えてきて
ようやくそれが
蛍だと気が付きました。

無数の光の筋が飛び交う様をみて
自然に涙がこぼれました。

子供の時に、父親に連れられて蛍を見に行ったことがありますが、
あんなに沢山はいなかった。

感動がこみ上げてくる前に、涙って流れてくるんですね。


そして、もう一つは、

休暇を利用して、サンタ・カタリーナ州へ行ったときのことでした。







続きを読む

さて、6日目はこれ。

繊細な心の科学 -HSP入門
串崎真志 著

繊細な心の科学


手前味噌ながら、
今や心理学者として第一線の研究者である
著者は
おーたさんの中高生時代の朋友で、
一緒にジャズを熱く語った同士でもあります。

本書は著者ご自身よりご恵投いただいたものです。

思春期を通じて付き合ってきたので
彼の心は手にとるようにわかる、
というわけでは全くありませんが

近年彼がHSPを主要な研究テーマにしていることは
なんとなく納得できるところがあります。

著者の言では
大学生向けに書いた、とのことですが、

わかりやすい内容ですし、

HSPについて
アカデミックな見地から書いたものとして
一般におすすめできる本だと思います。

私事ばかりで恐縮ですが、

高校時代一年だけ古文を教わった先生が
今は関東のある研究所に勤務されていて、

その先生が臨床心理士の資格を取得された時期に
著者とつながった縁でおーたさんとも再びつながることになったんですが、

この本を読んで、
「君たち二人が深いところで繋がっていると感じました」

とコメントをくださいました。


おーたさんです。

硬軟取り混ぜて、と考えながら
前回が硬めだったので
今回は思い切り砕けてみました。

メッタメタガキ道講座


谷岡ヤスジ作「メッタメタガキ道講座」が
少年マガジンに掲載されていた当時の
編集長内田勝氏による「追悼ベスト盤」。


「アギャキャーマン」も持っているのですが、

迷ってこちらを選びました。


とにかくハチャメチャな漫画なのに、
どこかのんびりした、
独特ののテンポ感があって、
不思議な魅力を感じるのも事実です。


タモリ、奥田民生、細野晴臣、所ジョージといった
ミュージシャン及び音楽関係各氏などによる、
谷岡マンガに対する愛情たっぷりのコラムも
掲載されていて、

こういう人にもインスピレーションを与えていたのか、と思いを馳せました。


おーたさんはリアルタイムで連載されていた時には

読んでいませんが(多分もうちょっと先輩に当たる人たちだろうな)、

幼稚園くらいのときだったかに、
「ヤスジのオラオラ節」の歌詞を覚えて呆れられていました。


連載時の時代の空気って、どんなだったんでしょうね。


監修者による後書きは、
天才と呼ばれた作者の苦悩にスポットを当てていて、


56歳という働き盛りの年齢で亡くなった作者が、

その陰では連載というプレッシャーと
恐ろしいほどの不安に対峙しながら

作品を生み出し続ける中で
エネルギーを消耗していったことも伺われて複雑な気持ちになりました。





↑このページのトップヘ