おーたさんです。

おーたかずお公式ブログ

おーたかずお:自称「全方向・全天候型ピアニスト」関西方面で地味にやっております。
技量はまだまだですが、「伝わる」演奏を心がけています。
読みにくい漢字でよく似た名前の人がいますが、別人です。

3月の出没予定はこちらです。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/8789852.html

大阪市中央区のコミュニティーFM YES-fm で「おーたかずおの音楽de小話」という番組をさせていただいています。ラジオはもう5年になります。
「おーたかずおの音楽de小話」Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCQ9-dE_EqYrXDY7WAXvlJJA

最近の参加アルバムについてこちらでまとめています。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/8830431.html

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/pianotadez/

Produits Exotiques / Fly me to the Moon
https://t.co/okL4Iif0Js?amp=1
OTOTOY「Play for Japan 2012 Vol.1」に収録されています。
売上が福島に寄付されます。
https://ototoy.jp/_/default/p/26159

不安な時、眠れない時、ちょっと試しに聴いてみてください。
羊シリーズ
https://soundcloud.com/user-502360810/sets/thk4gkeludmk/s-DBu9X

432Hzに変換したリストを作ってみました。
(7匹目~10匹目までの公開にしました)
https://soundcloud.com/user-502360810/sets/432hz/s-2E1DfkEeUup

July 2020

おーたさんです。

怒涛のライブラッシュで
ちょっと燃え尽きました。

出演はもちろんのことですが、
告知から何から全部自分でやるとなると
物理的に時間がないのと、
体力を消耗してしまうのとで

そして、こういう時に限って
頼まれごとのちょっぴり自分にはハードルの高い案件が重なって
あっさりキャパオーバーになって

チュドーン

てなことになってしまうものです。


もったいつけて告知しようと思っていたら、
もう、1回目は再放送、

なにやっとんじゃい、という感じですが、

今回もまたまた是非お聴きいただきたいオンエアとなっております。


リオ・デ・ジャネイロ在住のカントーラ(歌手)、
Makoさんがゲストです。

Makoさんは、
普段は年に数回一時帰国して、全国をツアーしたり
ワークショップをしたりと忙しく飛び回っておられる、という

おーたさんにとっては
雲の上の存在の方です。

幸か不幸か、
今回のコロナ禍で日本滞在がのびのびに、
想定外の長期滞在となってしまわれました。

かと言ってそれはそれでお忙しく過ごされている
Makoさんではありますが、

千載一遇のチャンスとばかりに
ゲストにおいでいただくオファーをしたところ!!!

ご快諾いただきまして、

ミナミは宗右衛門町の
Music Live & Bar Garth


での収録と相成りました。


Makoさん、学生時代にこの辺りでよく遊んだわぁ~と
懐かしがっておられました。

トークはもうサンバのリズムのごとく淀みなく流れ、
Makoさんの音楽遍歴を余すところなく聞き出すには
あと10回オンエアが必要なのではないか、という
ほんの序章の部分をお話くださいました。


そして、
Garth さんでの収録2回目は、

なんと、セッションしていただきました!!!

Makoさんはこちらのピアノについての予備知識は全くのゼロ、
リハーサルもなく軽く打ち合わせてイキナリ、セーノで合わせるという
かなり無理めなオファーだったにも関わらず、

素晴らしい歌をご披露いただきました。

楽曲の著作権もろもろの関係で
ライブはYoutube 版には残りませんので、
ぜひともオンエアをお聴きいただきたい回です。

s-107797155_222801922113427_1135746904053937709_n


s-108328851_1220917858275577_7932537508132021819_n


そして、
Garthさんのおすすめメニュー、
チリコンカルネと
ラムカレーは、

毎回
オーナーTaka さんの奥様が手仕込みされている、という
ホンマの家庭の味、

これを食べに行く価値ありのフードです。

s-108182000_333637254312944_5875071110844346641_n

オーナーTaka さんを交えて収録後にパチリ。

s-108220508_616707132287611_2996040746174393643_n

からの、
二人でサウージ。

2020-07-13 19.29.50

これはオマケ。
Makoさん、りくろーおじさんをお買い上げです。

というわけで、
このオンエアは必聴です!


この収録がきっかけとなって、

8月6日には
Chove Chuva でのライブが決定しました。

すでに残席僅少となっておりますが、
配信も予定していると思います。

こちらでも詳細をお知らせしますので、
ぜひ、よろしくおねがいします。

おーたさんです。

名前がつく、ということが
この世に存在し始めることである、

という哲学的な話があります。

何にしても、
人間が認識してそれに名前をつけることで
そのものがこの現実の時空間に存在するのだ、という論ですね。

そういう言う意味では
阪神タイガースのマスコットとして30年の長きに渡って愛されている
トラッキーも、

トラッキーという名前を得たことで、
そのマスコットキャラクターとしての人格を得ることになったと言えるでしょう。

もう3年前のことになるとは思いませんでしたが、

トラッキー命名から30年になるのを記念した式典が行われた模様が
阪神タイガースのサイトで公開されました。

いろいろと懐かしいです。

ふと、この季節になると思い出します。


おーたさんです。

秘密裏に、でもないのですが
3月からスタートしたとあるリモートプロジェクトに
参加させていただいておりました。

東京のアレンジャー、
八木美楠子さんがアレンジしたスコアを
日本、南北アメリカ、オーストラリアなどに在住のミュージシャンが

美楠子さんが敬愛してやまない
イヴァン・リンスの
「A gente merece ser feliz」
(動画のタイトルは英語になっています)

をリモートで演奏するプロジェクトが
ついに完成し、Youtube上にアップされました。
下記リンクよりごらんください。


美楠子さんは
ブラジル音楽を演奏するビッグバンド、
バンダ・マンダカリーニョの


リーダー兼アレンジャーで、
先日イヴァン・リンスがゲスト参加した
2枚めのアルバムを発表したところです。

Luz Brasileira / Banda Mandacarinho



この素敵にごきげんなアレンジは美楠子さんによるもので、
ブラスセクションにはマンダカリーニョのメンバーがズラリ。

プロデューサー、ボブ・ワードさんの
クオリティーの高い仕事ぶりにも感服です。
これは確かに、時間かかるわ!

というわけで、ぜひともご覧ください。

すぐにおわかりだと思いますが、冒頭以外の自分のパートで
随分と映像と音がずれている(笑)

これは弁解がましくですが(笑)
制作の裏側をペロッと喋ってしまいますと、

まず、3月中旬に
自分が正真正銘一番目にベーシックのエレクトリック・ピアノを
録音しました。

このときは、初めのところとアレンジ上ちょっと大事なところだけでよかろう、と
さっとスタジオに入って、その後通天閣をバックに手を振っているシーンと
合わせて送ってみたら、

やっぱり全部弾くことになり、後日スタジオに入って撮り直しました。

ちょっと暑苦しい長袖シャツを着ているのはそのためです(笑)
あのころ夜はまだちょっとうすら寒かったんですよ。

これを元に、ベースとドラムを重ねるということで、
基本のグルーヴを中心に録音しました。

これは後になってくると、他の楽器が担当する部分にもなるので、
自分の演奏する内容はそちらに譲ることになるのは織り込み済みではありますが…。

それから様々な音が重なってきて、
自分の演奏する役割というか内容に
予想外に大きな変更がでてきたところで、

その時にはスタジオは営業自粛期間に入っており
撮影に行くわけにもいかないし、
あまつさえ自宅を世界中に晒すのは
ラジオ以外ではいやだ、と(笑)いう事情も少しありましたが

実際はCubase上での非常に細かい部分での修正が必要で
それを決め打ちで生演奏するということは
不可能、と判断して動画は前のやつを使って下さい、となって
動画の動きと演奏内容が随分と異なることになりました。

はじめはこうだったのね、と想像しながらご覧いただけたらと思います。

先頭にたって出陣する切り込み隊長と
最後尾で殿を護衛するしんがりを同時に経験するとは思いませんでしたね。
後ろのものが前になる、というか。
いや、逆ですね。前のものが最後尾につくという。

そんな事情はさておいて、

素晴らしいシンガーさんたち、ブラスセクションの
楽しいアンサンブルぶりをぜひぜひお楽しみ下さい。

メンバー全員を後から、というか、今知ってびっくりしました。
大阪代表でおーたさんが出ていいのか?というくらいの方々が揃い踏みです。

中間部のピアノソロには、
ラリー・ゴールディングさんですよ。
顔見知りでもないのに、共演したことに、なるのか!!!???

東京、アメリカ各地、ヨーロッパ、北欧で活躍中の、
自分にとってはスターの方々ばかりですが

特にリズム隊で、

ベースのネマ・アントゥネスさんは
イヴァン・リンスのバンドのベーシストであり

そして、ご無沙汰しているドラムの加納樹麻さんと
ここで一緒にリズムを奏でたという。感激ですよ。

しかし、
この時まだスクランブルエッグの一歩手前の
玉子焼きしか満足に焼けなかった自分でして、
こころなしか、自分で見ても、まだ、元気そうですね(笑)

玉子焼き修行中の時なら、話をいただいても、
ひょっとしたら、
できなかったんじゃないだろうかと思いますが(;´Д`)

大きな力の采配によるタイミングかとも思える
このプロジェクトに参加できて感謝感激です。
美楠子さんも、ボブさんも、ありがとうございました。

そして、参加された全てのミュージシャンの皆さん、ありがとうございました。

おーたさんです。

7月の予定をアップします。

7/5(日)八戸ノ里 バー蓄音機 セッション

セッションホスト
村上孝(ds)岩田晶(b)おーたかずお(p)
17:00~20:00
CHARGE: ¥1,500(ドリンク別)


7/19(日)燈門 セッションデー


OPEN: 18:45 / START: 19:30
参加料金: ¥2,000- (+チャーム¥300-+別途1ドリンク代¥600~)

8席限定です。

7/20(月)燈門

燈門_尚子


尚子(vo)おーたかずお(p)

OPEN: 18:45 STAGES: 19:30
STAGES: ¥2,500(+チャーム¥300+別途1ドリンク代(¥600~))

8席限定です。

7/22(水)Chove Chuva

20200722_YY Especial


Y.Y.'s Especial 2020

山田良夫(b)武井努(sax)おーたかずお(p)村上孝則(per)
OPEN: 19:00 / START: 19:30
CHARGE: ¥2,500.

10席に限定させていただきます。

7/23(木)Chove Chuva

20200723_ChoveChuva_渡海真知子


渡海真知子(vo)川辺ぺっぺい(b)太田ピカリ(ds)おーたかずお(p)
START: 18:00
Youtubeによる同時配信も行う予定です。
Youtubeからの投げ銭も歓迎します。


20200724_青木美香子ニューサントリーファイブ


青木美香子(vo)とスイートメモリーズ
井手信志(b)kanta(ds)おーたかずお(p)and more...

STAGES: 14:00 / 15:00

システム:お一人様ご予算/2,850円(税別)?
(テーブル・ライブチャージ込、1ドリンク、1フード)
※チャージ料金/カバー(テーブル)チャージ1,100円、ライブチャージ700円

30名程度に席数を限らせていただきます。

7/24(金)夜・Jazz on Top

おーたかずお(p)ソロ

はらぺこあおむし_01


STAGES: 19:00/20:00
CHARGE: ¥2,000




デュオ・ロン毛ロス

デュオ・ロン毛ロス
Tommy(tb)おーたかずお(p)

STAGES: 19:00~
CHARGE: ¥2,500

10名程度に限らせていただきます。

7/26(日)む~ら

ソロライブに変更になりました。

アロワナライブvol.2,580

おーたかずお(p)
STAGES: 19:00
CHARGE: (予約)¥2,000、(当日)¥2,500

10名程度に限らせていただきます。
入場に際してはマスクの着用をお願いします。

ツイキャス配信も決定しました!
ご購入は下記リンクよりどうぞ。



7/27(月)燈門

出演者都合により中止となりました。


牛窓倶楽部は延期となりまして、
以下のメンバーでのライブになります。

入江しほり(ピアノ)井上歩(コントラバス)おーたかずお(ピアノ)

OPEN: 18:45 / START: 19:30
CHARGE: ¥変更になります.(+ チャーム¥300- + 別途1ドリンク代(¥600~))


8席限定です。

7/30 (木)AZUL TERRACE

20200529_ロン毛ロス集合写真

ロス・ロン毛ロス&シルビア
Tommy (Tb) 武井努(Ts,Fl) おーたかずお(P)  川辺ぺっぺい(B) 冨永ちひろ(Ds)

18:00 Open/19:30 Start
3000円+t.c.¥500-(1チャーム付)


おーたさんです。

羊10匹目を追加しました。




 



10匹目限定でダウンロードしていただけるようにしましたので、
個人の範囲でお楽しみ下さい。


なお、他サイトへの転載その他二次利用はご遠慮下さい。

おーたさんです。

自粛期間中から、時々おーたさんのことを夢にみたというメッセージが寄せられました。

随分ご無沙汰の方より、
多分、某所のウェブミーティングで顔を合わせたので気にしてくださったのでしょう。

おーたさんは、テレビでタレントさんと絡んでいたそうです。

そのタレントさんはどなたなんでしょうか。気になります。

容赦なくいじられたりしていたのでしょうか・・・

そしてブラジルの方からは、

奥さんと子供同伴でやってきた、とのことでした。

奥さんはブラジル人だった?と尋ねたら、覚えていなかったそうです。
そこが肝心なところです。

そして、先日夢に観たという方からは、

おーたさんより
電撃結婚報告を受けた、とのことでした。

ん~

どれも、現実から微妙に乖離しているところが
夢の夢たる所以でしょう。


さて、これは吉兆や否や?
となるわけですが、

随分と昔にオンエアネタとして夢のお告げについて調べたことがあるので
少し紹介しましょう。

夢がこれから起こることの前兆である、という考え方は
旧約聖書にすでに、
「ヨセフの夢占い」の話があります。

ヨセフという人が見た夢を、こういうお告げである、と言ったところ
全部がその通りになったというお話です。


また、2世紀と言いますと
2000年近く前のギリシャ人、
アルテミドロスという人が書いた
「夢判断の書」というのが残されていて、
日本語訳を今でも読むことができます。

見た夢とその後に起こったことを検証して
膨大なデータを集めた上で書いたと言われています。
統計を取った、という。

例えば
「虫歯のある人が、その歯が抜け落ちる夢を見たらあらゆる不幸と災難から開放されるであろう」
などいろいろと書いてあるそうです。

こうした文献になっているものもあれば、
世界中の少数民族と言われる、
部族単位で生活している人たちの間にも
それぞれ夢に関する伝承があり、
精神的な世界との架け橋になっているそうです。

この続きは、また次回に。



おーたさんです。

羊シリーズに9匹目を追加しました。







どうぞ引き続き、羊シリーズをご利用下さい。


おーたさんです。


筆跡診断といえば、
自分にとっては
天満の路上で鑑定を続ける
瀬戸さんが第一人者ですが、

(瀬戸さんの鑑定もぜひ受けてみて下さい。

面白いお話を聞くことができるかと思います。)


警視庁嘱託の筆跡鑑定人をつとめ、
日本筆跡診断士協会の設立者でもある

森岡恒舟先生の
本が新刊で出ています。


診断士養成のために書かれた
教科書を元に
今回新板として出版されたそうです。


そしてこの本を買うと、
無料診断の特典がついています。


この特典、6月までだったのですが、
7月いっぱいまで延長されたということで、
自分も買ってしまいました。


新板 筆跡の科学

「書は人なり」という真理

森岡恒舟著




実際に瀬戸さんの鑑定を受けて

お話を伺っていると、

これこれこういう性格ですね、

というだけでなく


こういう書き方をするようにしてみると、

気持ちや行動も変わってきますよ、

というようなアドバイスももらえます。


この本を手元においておくと、

こんな性格になりたい、というような

字の書き方を見つけられるかも知れませんね。



前回より続く)

このオンエアでは

ハグの効能についてもお話しました。

こういったサイトを参考にしましたので、ご覧ください。


抱き枕でもいいそうです。
おーたさんはこっち派ですね。

濃厚接触がどう、といいますが、
ハグがどれだけ健康にいいものか、
ここでひとつ再認識です。


再放送も含めて、
ポルトガル語の諸先輩をはじめとして
そんな単語知らなかった!
と意外なほど沢山反応をいただいたのが、

「カフネー」という単語です。

辞書を見ると、愛撫、とか書いてるんですが、
まあ、髪の毛というか頭をサワサワ、ナデナデする、というような意味です。

知っててもどうということはありませんで、
味わってナンボの単語でありますね(笑)。

歌詞の中にこの単語が出てきて、おやと思ったのが
こちらのアルバムに入っている
「Tá perdoado」という曲です。





帰ってきたら許してあげる、というような曲です。

そして、最後お別れの曲として選んだのは、
アンジェラ・ホ・ホが歌う
「Simples carinho」でした。

ジョアン・ドナートらしい曲と、
アベル・シルヴァの天下一品級のロマンチックな歌詞のコンビネーション。

オリジナルアルバムはこちら。



93年のライブアルバムでも歌われています。



シモーネもカヴァーしていました。
このCD、アートワークがオリジナルと違う…



女性男性問わず、色んな人のカバーがある名曲です。
この人はポルトガル語話者ではないですね。
たぶん、スペイン語圏の人でしょうか。

こちらが本家本元。
いろんな意味で貫禄のあるアンジェラ・ホ・ホと
力の抜けたジョアン・ドナートのピアノが
いい感じですね。



(歌詞の解釈をしているので続きもお読み下さい)

続きを読む

↑このページのトップヘ