おーたさんです。

おーたかずお公式ブログ

おーたかずお:自称「全方向・全天候型ピアニスト」関西方面で地味にやっております。
技量はまだまだですが、「伝わる」演奏を心がけています。
読みにくい漢字でよく似た名前の人がいますが、別人ということで。

プロフィールの全文をこちらに移動しました。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/9180466.html

4月の出没予定はこちらです。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/9000011.html

大阪市中央区のコミュニティーFM YES-fm で「おーたかずおの音楽de小話」という番組をさせていただいています。ラジオはもう8年目になります。
「おーたかずおの音楽de小話」Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCQ9-dE_EqYrXDY7WAXvlJJA

最近の参加アルバムについてこちらでまとめています。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/8830431.html

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/pianotadez/

Produits Exotiques / Fly me to the Moon
https://t.co/okL4Iif0Js?amp=1
OTOTOY「Play for Japan 2012 Vol.1」に収録されています。
売上が福島に寄付されます。
https://ototoy.jp/_/default/p/26159

不安な時、眠れない時、ちょっと試しに聴いてみてください。
羊シリーズ
https://soundcloud.com/user-502360810/sets/thk4gkeludmk/s-DBu9X

432Hzに変換したリストを作ってみました。
(7匹目~10匹目までの公開にしました)
https://soundcloud.com/user-502360810/sets/432hz/s-2E1DfkEeUup

March 2021

おーたさんです。

今日の再放送で紹介した
「Uncharted Waters / Fred Raulston」を出した

Inner City は実質4年間ほどの活動期間の間に良質な作品をリリースし続け、1979年には国際批評家投票で最優秀ジャズレーベルに選出されたほど評価の高かったレーベルです。

オンエアでも話しましたが、
KJAZ San Francisco でのホストや
カリフォルニア・バークレイでジャズの講座を長年やっていた
西海岸のジャズオーソリティー、
ハーブ・ウォンがジャケ裏の解説を書いていて、

彼がフレッド・ロールストンを
同レーベルの社長、アーヴ・クラタカに推薦して
2枚のアルバムを制作した経緯などが明かされていました。


Inner City レーベルは特に注意していませんでしたが、
女優シビル・シェパードがスタン・ゲッツらと吹き込んだ
有名な盤だったり、

ジュディ・ロバーツの一連のレコードなど、
自分が注目していた盤を制作したところだったのも
収録の後でわかって、

この辺ちゃんと調べきっていたらもっと
話を膨らませられたのに、とちょっと後悔。

このあたりのネタでもう一本やってみようか?

おーたさんです。

「辛ラーメン」のネーミングが
その風味と創業者の名前のダブルミーニングだったことが改めて話題になっています。


「辛」と言えば、ひとつ忘れられない話があります。


午後の13時台に連続ドラマをやっていた頃の話ですから
もう随分前のこととお察しいただけるかと思います。

この「昼ドラ」、どの作品だったかはもうとんと記憶になく、
当然、どんな話だったかもわからない。

そんな中で強烈に記憶に残っているのが
女優さんのたった一つのセリフ、

「そんなことしたら、ますますからくなるだけでしょう」

です。

そのシーンでは料理について話が展開していたわけではなく、
数人でちょっと深刻な話をしていたように記憶しています。

そこに、若い女優さん演じるキャラが、
このように割って入るシーンで

自分は話の流れが一瞬わからなくなったけれども
何事もなかったかのようにストーリーが進行していきました。


しばらく経ってから

本当は

「そんなことしたら、ますます辛(つら)くなるだけでしょう」

だったのだろう、と気づいた次第。

それなら辻褄が合う。

若い女優さんが、漢字を読み違えたのを
撮り直さずに本テイクにして放映した。

演劇やドラマの制作段階のことは詳しくないので
自分が口を挟めることではないけれども、

そもそも、台本の読み合わせとか、リハの段階でこういうことって
確認するものなのではないだろうか?

平日昼に毎日放送される連続ドラマの撮影は
それほどまでに時間との戦いの中で行われるのか、と
驚愕とともに納得もしたものでした。


「辛」というと、これがまっさきに思い出されます。

だからナニ?という話でした。

おーたさんです。

「3月の予定」にも追記しております、

聰音さんでの配信ライブをまとめてご案内します。

当日の告知で恐縮ですが

東かおるさんとのデュオライブ



3月28日の
滝沢ミナコさんとのデュオライブ




3月30日の
松本有加さんとの鍵盤デュオライブ




どれも楽しみなライブとなっております。

まだまだ飲食店における営業時間短縮要請に従いながらということで、

ときにはタイムテーブルがちょっぴりせわしないな、と
感じることもありますが、

よく考えますと、
休憩時間が通常よりも短いとなると、
例えばリアルタイムでご自宅でご覧になる場合、
自分で飲み物を準備したりするのには
ちょうどいい頃合いになるのではなかろうか、などと
勝手に想像しております。

また、後日ご覧になる場合であれば、
思いっきりザッピングもできますし、

配信の利点も享受しながら
お楽しみいただきたいと思います。


 

おーたさんです。

3月21日の東かおるさんとのデュオライブ、
ご来場いただけるとともに、

聰音さんで配信の段取りを整えていただきました。

前回は「燈門」での開催でした。
まだこの頃は移転の話って持ち上がってなかったんでしたっけね。

83023925_591372881684579_7654745904708059136_n

新しい場所で、再びご一緒できることになってこの上なく楽しみです。

詳細の確認と、チケットのお買い上げはこちらのリンクよりよろしくお願いします。





おーたさんです。

去る2月15日に聰音さんにて開催された

生島・藪下デュオ + THE 828 対バンイベントより、

最後に全員でコラボした
てっちゃんのオリジナル、

「ゆく年くる年」

をこちらでご覧頂きたいと思います。



てっちゃんによると、彼がこの曲を作った当初、
アコーディオンの音色を意識していたそうで、

今回生島さんのバンドネオンでメロディーの一節を演奏してもらって
感激していました。

ふたりでやるときも随分とほっこりする曲ですが、
4人でこたつを囲んでみかんを食べながらテレビを見て…
などという、年越しののんびりした雰囲気に溢れた演奏となりました。

この後、「よ~し、じゃ半荘やるか!」という流れには…なりませんでした。

変更の可能性がある開催時間等、一部記載していないことをご了承ください。
万が一記載がありましても、念のためご確認をよろしくお願いします。

詳細等判明次第こちらにも追加いたします。
(3/25の予定を追加しました)
(3/21のフライヤー画像を追加しました)

3/1(月)聰音

ジャムセッション

ホスト:おーたかずお(p)

OPEN:18:30
SESSION: 19:00 - 21:00

【参 加 料 金】

¥ 2,000 + ¥1,000-(1ドリンク・おつまみ付き)

演奏をされる方、ライブだけ見られる方 全て


3/4(木)クレッセント

高田 靖子 (vo)
おーた かずお (pf)

STAGES:  19:00 / 20:00(21時閉店)
CHARGE:¥1,700

お待たせしました。
延期になっていたライブ、
時短営業での開催です。

3/5(金)む~ら

アロワナライブ vol.2,741

Tommy(tb)
おーたかずお(p)

STAGES: 18:30~
CHARGE: (予約)¥3,000、(当日)¥3,500

久しぶりのデュオ・ロン毛ロスです。



セッション
ホスト
光田じん(ds)岩田晶(b)おーたかずお(p)
16:00~19:00(いつもと時間帯が異なります)
CHARGE: ¥1,500(ドリンク別)

3/17(水)Jazz on Top

20210317_Jazz on Top 市瀬由紀


ときめきのデュオ

市瀬由紀(fl)
おーたかずお(p)

STAGES: 19:00/20:00
CHARGE: (予約)¥ 2,500 / (当日)¥2,800


3/21(日)聰音

20210321_聰音 東かおる

ボーカルとピアノの夕べ

東かおる(vo)
おーたかずお(p)

OPEN:18:30
STAGES: 19:00 - 21:00

CHARGE: ¥ 2,000 + ¥1,000-(1ドリンク・おつまみ付き)

またやれてよかった(^^)
本当にお久しぶりのデュオです。

配信があります!
詳細はこちらから。



3/24(水)あべのハルカス・スペースナイン

青木美香子の麗しき歌のメリーゴーランド

20210324_あべのハルカス

STAGES: 11:00 / 13:00 / 15:00
料金:一般¥1,000 / 小学生¥500


青木美香子(vo)
スイートメモリーズ
井手信志(b)
kanta(ds)
おーたかずお(p)
and more...

STAGES: 19:00 /21:10/ (各ステージ40分・21時閉店)

システム:例)お一人様ご予算/2,850円(税別)?
(テーブル・ライブチャージ込、1ドリンク、1フード)
※チャージ料金/カバー(テーブル)チャージ1,100円、ライブチャージ700円



3/28(日)聰音

20210328_聰音_滝沢ミナコ

滝沢ミナコ(fl)
おーたかずお(p)

STAGES: 18:30~
CHARGE: ¥2,500+別途ご飲食代¥1,000-(1ドリンク・おつまみ付き)

配信があります!
詳細はこちらから。


3/29(月)む~ら

アロワナライブ vol.2,761

kana(vo)
衛藤修治(b)
おーたかずお(p)

STAGES: 19:00
CHARGE: (予約)¥2,500 / (当日)¥3,000

前回好評だったこの組み合わせ、
のびやかな、自由な音が響き渡ることと思います。

3/30(火)聰音

松本有加(p)
おーたかずお(p)

STAGES: 19:30~
CHARGE: ¥2,500 +¥1,000(1ドリンク・おつまみ付き)

配信があります!
詳細はこちらから。


今月注目の鍵盤デュオです!
オリジナルからインプロまで
振幅の広い独自の音楽性を持つ
「ゆかんちゃん」こと
松本有加さんと

以前からやれたらいいね~と話していた
デュオライブが実現します。

ゆかんちゃんとなら、
静寂からノイズのカオスまで表現しきれると思います。



「Minas Gerais / Y.Y's Especial」(2020)

YYs CDジャケット_01


ダイジェスト音源の試聴はこちら


1. Siamese Cat / 2. Frost / 3. Paper Airplane / 4. Return to Dust / 5. Timeless / 6. Minas Gerais / 7. Carpa / 8. Surface Noise (全8曲)
All songs composed & arranged by Yoshio Yamada
Lyrics by Reiko Hara

Yoshio Yamada (Bs) / Kazuo Ota (Key) / Tsutomu Takei (Ts) / Takanori Murakami (Per) / Reiko Hara (Vo)

Executive producer & Recording Engineer Keizo Suzuki
Recorded on May, June and July, 2020 at STUDIO D.C.

================================

Y.Y's Especial

キューバ音楽、ブラジル音楽、フラメンコ、ジャズ、ECMなどに影響を受けたベーシスト&コンポーザーの山田良夫が、元々はラテン・ジャズ・セッションの形で始めたが、後にラテンの要素はほぼ無くなり、メンバーも現在のメンバーになり、オリジナル曲を演奏するユニットとして活動するようになる。
絵画、映画のような叙情的な表現、ハイブリッドなハーモニーは独特。
シリアスな演奏とライブでのユル〜いMCのギャップが他では味わえない。
メンバーは、ジャズ・サックス奏者の武井努、ブラジル音楽のスペシャリストのキーボード奏者おーたかずお、アフリカはセネガルの音楽に精通するパーカッション奏者の村上孝則と、ユニークな個性が集結。
今回の1st CDでは、透明感があり、インプロビゼーションで素晴らしい色を表現出来るヴォーカリスト原れいこをゲストに迎え、全8曲を収録。
来年には2nd CDもリリース予定で、1st CDと同じメンバーで現在レコーディング中。

「Live at Murra / Tommy's Quartet」(2019)

jazz-at-murra_BN_yoko_03


京都のジャズ喫茶む~らさんより2019年冬リリースの
Live at Murra 第三弾となる
「Live at Murra / Tommy's Quartet」に参加しています。

アルバムについてはこちらの記事をごらんください。

試聴はこちらより。



↑このページのトップヘ