おーたさんです。

おーたかずお公式ブログ

おーたかずお:自称「全方向・全天候型ピアニスト」関西方面で地味にやっております。
技量はまだまだですが、「伝わる」演奏を心がけています。
読みにくい漢字でよく似た名前の人がいますが、別人です。

3月の出没予定はこちらです。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/8789852.html

大阪市中央区のコミュニティーFM YES-fm で「おーたかずおの音楽de小話」という番組をさせていただいています。ラジオはもう5年になります。
「おーたかずおの音楽de小話」Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCQ9-dE_EqYrXDY7WAXvlJJA

最近の参加アルバムについてこちらでまとめています。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/8830431.html

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/pianotadez/

Produits Exotiques / Fly me to the Moon
https://t.co/okL4Iif0Js?amp=1
OTOTOY「Play for Japan 2012 Vol.1」に収録されています。
売上が福島に寄付されます。
https://ototoy.jp/_/default/p/26159

不安な時、眠れない時、ちょっと試しに聴いてみてください。
羊シリーズ
https://soundcloud.com/user-502360810/sets/thk4gkeludmk/s-DBu9X

432Hzに変換したリストを作ってみました。
(7匹目~10匹目までの公開にしました)
https://soundcloud.com/user-502360810/sets/432hz/s-2E1DfkEeUup

カテゴリ: よもやま話

ダウンロード

大阪城天守閣とありますが、おもいっきり、楽屋です。

おーたさんです。

今日はいつになく早起きをしていろいろと準備をしております。

プロの喋り手さんでもないのに、

ラジオ番組ふたつの収録です。

番組を2本、であれば

これは「音楽de小話」の普段のやりかたで、
一度に2本ぶんを録るわけですけども、

今日は、番組を2本ということで

午前中に
ある番組にゲストとしてお招きいただいて
自分がお話をする収録があります。

しかも、話す機会もなく放置していなくて
とんと鈍ってしまったポルトガル語…

今更勉強し直してもどうしようもないので覚悟を決めておりますが、

2018年の末にお招きいただいた時に、来年の抱負は、と聞かれて

あわてて

「アルバムですかね」

と口走ったのが発端。

春にレコーディングの話が持ち上がって、
秋には収録、

2019年の暮れぎりぎりに「Live at Murra」がリリースされました。

それだけではなく、

2020年秋には、

ヤマダヨシオさんがリーダーの

「Y.Y's Especial」の作品がリリース、と

自分が参加したCDが2枚も出てしまったのです。

こちらより、Y.Y's Especial 「Minas Gerais」をご試聴していただけます。




そして、アルバムは2枚ともこちらで販売しております、

としっかり宣伝もしておこう。


その後夕方と夜にそれぞれ予定が入って、

今日はフル操業。


正月ボケどころか、

長期に渡る新型コロナボケですっかり鈍ってしまった

頭と体に喝!です。




DSC_0292


昨年は今まで経験したことのない年でした。
3月より3ヶ月は完全に失業状態、
9月中旬にやっとほぼ全ての仕事が再開しました。

その中で距離を問わず多くの方々より
お力添えをいただき、
人の繋がりの有り難さが身にしみました。

今年は自分が誰かの役に立てるように
ありたいと願うとともに、

皆様の本年のご多幸ご健勝を切に
お意宣り申し上げます。

令和三年 一月吉日 

おーたかずお拝



丑年ですもんね。
ウシと一緒です。

DSC_0289


よだれつけられました。

DSC_0325

本日はまずこちら、

あべのハルカススペース9

青木美香子の麗しき歌のメリーゴーランド

です。

さて、ワンちゃんは、どーーーっちだ?

2020-09-28 16.11.49_01

2018-08-16 23.29.13-1


おーたさんです。

いよいよ8月28日も近づいてきまして

「誕生日、干支、血液型が同じ二人のユニット」
THE 828(ヤヅヤ) でリハをしました。

今回はこちらにお世話になりました。



てっちゃんはとても意欲的に、毎回新曲を携えてリハに臨みます。

それを二人してああだこうだ言いながら
形を整えていくわけです。

この感覚もこの期間中にちょっと忘れていて、
半年の間に退化してしまったと思われるものを
少しずつ取り戻しつつあります。

二人でアイデアを出し合った結果に
てっちゃんも満足げでした。

というわけで、
リハが終わってハイ、パチリ。

2020-08-25 18.25.20


この新曲は、
8月28日に
梅田のサードストーンさんにて披露する予定です。




19:30 開演、チャージ2,500円。
バースデープレゼントなどのお気遣いはナシで、
顔を見せていただけたら嬉しいです!!!
(暗に催促しているわけではありません、本当に!)

てっちゃんがTHE 828のために書いてくる曲は、
温泉気分とでも言うような、ほっこりする曲が多いです。




そういえば、旅もしてないし、
ゆったり気分に浸りたいな、と思ったら
おいでいただけますと嬉しいです。

そして、
写真を撮るのを忘れてしまったのですが、

東西屋さんの事務所にて
8月31日に開催の、

「シャンソン共和国プレゼンツ・真夏の夜の夢」

のリハーサルもやりました。

このステージのプロデューサーである
須山公美子さんのオリジナルや
意表をついた選曲のかずかずを、

ゲストの青木美香子さんと自分とのコラボで
演奏するという怒涛の企画。

こちらも須山さんのイメージを伺って
現場で試しに合奏したり、その場でアレンジを考えたり譜面を書いたりしながら
音を作っていきました。

世界中を探してもちょっと珍しい音になっていると思います。

どんな音になるんかいな、と思われるでしょうね。

はい、自分もリハ現場に行くまでそう思っていました(笑)

当日はファーストステージのみですが、配信もされ、
そこからドネーションをお願いしております。

お店の方はまだ若干席に余裕があるそうですので、
お店での観覧に興味のある方はこのブログのメッセージでも、
お店でも結構ですので、お問い合わせくださいね。

何が出てくるかは、蓋を開けてからのお楽しみとさせていただきますが、

「真夏の夜の夢」のタイトルにふさわしい、
スペクタクルでカオスで文学的なステージになると思います!

おーたさんです。

名前がつく、ということが
この世に存在し始めることである、

という哲学的な話があります。

何にしても、
人間が認識してそれに名前をつけることで
そのものがこの現実の時空間に存在するのだ、という論ですね。

そういう言う意味では
阪神タイガースのマスコットとして30年の長きに渡って愛されている
トラッキーも、

トラッキーという名前を得たことで、
そのマスコットキャラクターとしての人格を得ることになったと言えるでしょう。

もう3年前のことになるとは思いませんでしたが、

トラッキー命名から30年になるのを記念した式典が行われた模様が
阪神タイガースのサイトで公開されました。

いろいろと懐かしいです。

ふと、この季節になると思い出します。


おーたさんです。

秘密裏に、でもないのですが
3月からスタートしたとあるリモートプロジェクトに
参加させていただいておりました。

東京のアレンジャー、
八木美楠子さんがアレンジしたスコアを
日本、南北アメリカ、オーストラリアなどに在住のミュージシャンが

美楠子さんが敬愛してやまない
イヴァン・リンスの
「A gente merece ser feliz」
(動画のタイトルは英語になっています)

をリモートで演奏するプロジェクトが
ついに完成し、Youtube上にアップされました。
下記リンクよりごらんください。


美楠子さんは
ブラジル音楽を演奏するビッグバンド、
バンダ・マンダカリーニョの


リーダー兼アレンジャーで、
先日イヴァン・リンスがゲスト参加した
2枚めのアルバムを発表したところです。

Luz Brasileira / Banda Mandacarinho



この素敵にごきげんなアレンジは美楠子さんによるもので、
ブラスセクションにはマンダカリーニョのメンバーがズラリ。

プロデューサー、ボブ・ワードさんの
クオリティーの高い仕事ぶりにも感服です。
これは確かに、時間かかるわ!

というわけで、ぜひともご覧ください。

すぐにおわかりだと思いますが、冒頭以外の自分のパートで
随分と映像と音がずれている(笑)

これは弁解がましくですが(笑)
制作の裏側をペロッと喋ってしまいますと、

まず、3月中旬に
自分が正真正銘一番目にベーシックのエレクトリック・ピアノを
録音しました。

このときは、初めのところとアレンジ上ちょっと大事なところだけでよかろう、と
さっとスタジオに入って、その後通天閣をバックに手を振っているシーンと
合わせて送ってみたら、

やっぱり全部弾くことになり、後日スタジオに入って撮り直しました。

ちょっと暑苦しい長袖シャツを着ているのはそのためです(笑)
あのころ夜はまだちょっとうすら寒かったんですよ。

これを元に、ベースとドラムを重ねるということで、
基本のグルーヴを中心に録音しました。

これは後になってくると、他の楽器が担当する部分にもなるので、
自分の演奏する内容はそちらに譲ることになるのは織り込み済みではありますが…。

それから様々な音が重なってきて、
自分の演奏する役割というか内容に
予想外に大きな変更がでてきたところで、

その時にはスタジオは営業自粛期間に入っており
撮影に行くわけにもいかないし、
あまつさえ自宅を世界中に晒すのは
ラジオ以外ではいやだ、と(笑)いう事情も少しありましたが

実際はCubase上での非常に細かい部分での修正が必要で
それを決め打ちで生演奏するということは
不可能、と判断して動画は前のやつを使って下さい、となって
動画の動きと演奏内容が随分と異なることになりました。

はじめはこうだったのね、と想像しながらご覧いただけたらと思います。

先頭にたって出陣する切り込み隊長と
最後尾で殿を護衛するしんがりを同時に経験するとは思いませんでしたね。
後ろのものが前になる、というか。
いや、逆ですね。前のものが最後尾につくという。

そんな事情はさておいて、

素晴らしいシンガーさんたち、ブラスセクションの
楽しいアンサンブルぶりをぜひぜひお楽しみ下さい。

メンバー全員を後から、というか、今知ってびっくりしました。
大阪代表でおーたさんが出ていいのか?というくらいの方々が揃い踏みです。

中間部のピアノソロには、
ラリー・ゴールディングさんですよ。
顔見知りでもないのに、共演したことに、なるのか!!!???

東京、アメリカ各地、ヨーロッパ、北欧で活躍中の、
自分にとってはスターの方々ばかりですが

特にリズム隊で、

ベースのネマ・アントゥネスさんは
イヴァン・リンスのバンドのベーシストであり

そして、ご無沙汰しているドラムの加納樹麻さんと
ここで一緒にリズムを奏でたという。感激ですよ。

しかし、
この時まだスクランブルエッグの一歩手前の
玉子焼きしか満足に焼けなかった自分でして、
こころなしか、自分で見ても、まだ、元気そうですね(笑)

玉子焼き修行中の時なら、話をいただいても、
ひょっとしたら、
できなかったんじゃないだろうかと思いますが(;´Д`)

大きな力の采配によるタイミングかとも思える
このプロジェクトに参加できて感謝感激です。
美楠子さんも、ボブさんも、ありがとうございました。

そして、参加された全てのミュージシャンの皆さん、ありがとうございました。

おーたさんです。

自粛期間中から、時々おーたさんのことを夢にみたというメッセージが寄せられました。

随分ご無沙汰の方より、
多分、某所のウェブミーティングで顔を合わせたので気にしてくださったのでしょう。

おーたさんは、テレビでタレントさんと絡んでいたそうです。

そのタレントさんはどなたなんでしょうか。気になります。

容赦なくいじられたりしていたのでしょうか・・・

そしてブラジルの方からは、

奥さんと子供同伴でやってきた、とのことでした。

奥さんはブラジル人だった?と尋ねたら、覚えていなかったそうです。
そこが肝心なところです。

そして、先日夢に観たという方からは、

おーたさんより
電撃結婚報告を受けた、とのことでした。

ん~

どれも、現実から微妙に乖離しているところが
夢の夢たる所以でしょう。


さて、これは吉兆や否や?
となるわけですが、

随分と昔にオンエアネタとして夢のお告げについて調べたことがあるので
少し紹介しましょう。

夢がこれから起こることの前兆である、という考え方は
旧約聖書にすでに、
「ヨセフの夢占い」の話があります。

ヨセフという人が見た夢を、こういうお告げである、と言ったところ
全部がその通りになったというお話です。


また、2世紀と言いますと
2000年近く前のギリシャ人、
アルテミドロスという人が書いた
「夢判断の書」というのが残されていて、
日本語訳を今でも読むことができます。

見た夢とその後に起こったことを検証して
膨大なデータを集めた上で書いたと言われています。
統計を取った、という。

例えば
「虫歯のある人が、その歯が抜け落ちる夢を見たらあらゆる不幸と災難から開放されるであろう」
などいろいろと書いてあるそうです。

こうした文献になっているものもあれば、
世界中の少数民族と言われる、
部族単位で生活している人たちの間にも
それぞれ夢に関する伝承があり、
精神的な世界との架け橋になっているそうです。

この続きは、また次回に。



おーたさんです。


筆跡診断といえば、
自分にとっては
天満の路上で鑑定を続ける
瀬戸さんが第一人者ですが、

(瀬戸さんの鑑定もぜひ受けてみて下さい。

面白いお話を聞くことができるかと思います。)


警視庁嘱託の筆跡鑑定人をつとめ、
日本筆跡診断士協会の設立者でもある

森岡恒舟先生の
本が新刊で出ています。


診断士養成のために書かれた
教科書を元に
今回新板として出版されたそうです。


そしてこの本を買うと、
無料診断の特典がついています。


この特典、6月までだったのですが、
7月いっぱいまで延長されたということで、
自分も買ってしまいました。


新板 筆跡の科学

「書は人なり」という真理

森岡恒舟著




実際に瀬戸さんの鑑定を受けて

お話を伺っていると、

これこれこういう性格ですね、

というだけでなく


こういう書き方をするようにしてみると、

気持ちや行動も変わってきますよ、

というようなアドバイスももらえます。


この本を手元においておくと、

こんな性格になりたい、というような

字の書き方を見つけられるかも知れませんね。



↑このページのトップヘ