おーたさんです。

おーたかずお公式ブログ

おーたかずお:自称「全方向・全天候型ピアニスト」関西方面で地味にやっております。
技量はまだまだですが、「伝わる」演奏を心がけています。
読みにくい漢字でよく似た名前の人がいますが、別人です。

3月の出没予定はこちらです。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/8789852.html

大阪市中央区のコミュニティーFM YES-fm で「おーたかずおの音楽de小話」という番組をさせていただいています。ラジオはもう5年になります。
「おーたかずおの音楽de小話」Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCQ9-dE_EqYrXDY7WAXvlJJA

最近の参加アルバムについてこちらでまとめています。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/8830431.html

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/pianotadez/

Produits Exotiques / Fly me to the Moon
https://t.co/okL4Iif0Js?amp=1
OTOTOY「Play for Japan 2012 Vol.1」に収録されています。
売上が福島に寄付されます。
https://ototoy.jp/_/default/p/26159

不安な時、眠れない時、ちょっと試しに聴いてみてください。
羊シリーズ
https://soundcloud.com/user-502360810/sets/thk4gkeludmk/s-DBu9X

432Hzに変換したリストを作ってみました。
(7匹目~10匹目までの公開にしました)
https://soundcloud.com/user-502360810/sets/432hz/s-2E1DfkEeUup

カテゴリ: おーたかずおの音楽de小話

おーたさんです。

先日スタジオで収録を終えたオンエアでは、
ゲストさんにリモートでのご出演をお願いしなければならず…

24日のオンエアは、

29日に三宮グレートブルーさんでご一緒する
Rico Yuzen さんにご自宅より
収録に参加していただきました。

普段はニューヨークにお住まいで、
ツアーのために帰国されたはずでしたが、

ツアーはキャンセル、
そして日本滞在を余儀なくされました。

今回のライブは
延期に次ぐ延期の後にようやく決定したという
待ちに待ったライブです。

この「おうち時間」の間に、
いろいろと見つけものをされたそうで、
そのへんのお話もしっかり伺いました。

そして、31日のオンエアは、

8月末は自分の誕生日の前後ということもあって
自分をゲストに見立てるわけではないですが、

自分語りをすることにしています。

誰がそんなもん聴きたいのか、という話もありますが、
たまのワガママお許し頂きたいと思います。
(いつもワガママだという話もあります)

昔話に浸るなんて、もう自分もかなり歳くっちゃったのか、と
感じながら、

FM放送を聴くのに熱中していた頃に
たまたま電波を通じて耳にして、
CDを買い求めたアルバムや、

どうしても見つからなくて、
たった2枚のアルバムを揃えるのに
何十年もかかったというものが、

今になって不思議な縁を紡いでいた、という話です。

皆さんも、何気ない過去の出来事が
今に大きな影響を与えている、なんてことは
一つや二つはあるのではないかと思います。

2020-08-24 10.04.34


偶然出会った曲が
数十年の時を経て自分にとって凄く意味のあるものに
なっていたわけですね。

その懐かしいアルバムより、選曲しましたので
ぜひぜひお楽しみいただきたいと思います。

おーたさんです。

次々と収録が進んでいます。
月曜のオンエアが過ぎてしまいましたが、
10日と来る17日のオンエアは、

お世話になっている
本町の


にて収録を行いました。

10日のゲストはおーたさんのユニット、
THE 828(ヤヅヤ)の相方、ギターの
藤田鉄平さんです。

事情を知らない方はなんか変わった名前のユニットだと思われでしょうね。

てっちゃんこと藤田さんと
おーたさんは、

誕生日、血液型、干支が同じです。
(いつが誕生日かはもうおわかりでしょう)

116602542_386272892344520_471711564243411141_n


なら気も合うだろう、という感じで
イベント仕事で一緒に演ったのをきっかけに
ユニットにしました。

てっちゃんは毎回のように
オリジナルを書いてくるようになり
今では、
オリジナルばかりでライブができるようになりました。

てっちゃんの作風は
なんというか、温泉にでも浸かっているようで、
ほっこりした曲が多いです。

この収録では、
「流水」「ゆく年くる年」を
演奏しました。

116628538_1177574232577283_9195785589510208335_n


再放送も是非チェックしてみてください。

なお、
THE828 は、
生誕祭とも言える
8月28日に
梅田のサードストーンさんでライブを行います。

エンディングでは
燈門・店長の
岸田浩一さんに登場いただいて
おすすめメニューや、9月の移転のお話も。

そして、17日のオンエアでは、
岸田浩一さんにがっつりお話をうかがいました。

30年の長きにわたる
音楽とライブハウス遍歴についてお話しいただきましたが、
しっかり聞こうと思えば、
もう、お酒を片手に幾晩もかかろうか、という半生の話でした。

そして、
岸田浩一さんとも一曲、
須山公美子さんの
「キャバレー・ミルリントン」を
ご一緒させていただきました。

116427057_642338906405077_6415583486816368752_n

シャンソンらしい、文芸と演劇の香りがただよう一曲でした。

116799216_316570766058460_2235720317669911359_n


こちらも必聴です!



おーたさんです。

怒涛のライブラッシュで
ちょっと燃え尽きました。

出演はもちろんのことですが、
告知から何から全部自分でやるとなると
物理的に時間がないのと、
体力を消耗してしまうのとで

そして、こういう時に限って
頼まれごとのちょっぴり自分にはハードルの高い案件が重なって
あっさりキャパオーバーになって

チュドーン

てなことになってしまうものです。


もったいつけて告知しようと思っていたら、
もう、1回目は再放送、

なにやっとんじゃい、という感じですが、

今回もまたまた是非お聴きいただきたいオンエアとなっております。


リオ・デ・ジャネイロ在住のカントーラ(歌手)、
Makoさんがゲストです。

Makoさんは、
普段は年に数回一時帰国して、全国をツアーしたり
ワークショップをしたりと忙しく飛び回っておられる、という

おーたさんにとっては
雲の上の存在の方です。

幸か不幸か、
今回のコロナ禍で日本滞在がのびのびに、
想定外の長期滞在となってしまわれました。

かと言ってそれはそれでお忙しく過ごされている
Makoさんではありますが、

千載一遇のチャンスとばかりに
ゲストにおいでいただくオファーをしたところ!!!

ご快諾いただきまして、

ミナミは宗右衛門町の
Music Live & Bar Garth


での収録と相成りました。


Makoさん、学生時代にこの辺りでよく遊んだわぁ~と
懐かしがっておられました。

トークはもうサンバのリズムのごとく淀みなく流れ、
Makoさんの音楽遍歴を余すところなく聞き出すには
あと10回オンエアが必要なのではないか、という
ほんの序章の部分をお話くださいました。


そして、
Garth さんでの収録2回目は、

なんと、セッションしていただきました!!!

Makoさんはこちらのピアノについての予備知識は全くのゼロ、
リハーサルもなく軽く打ち合わせてイキナリ、セーノで合わせるという
かなり無理めなオファーだったにも関わらず、

素晴らしい歌をご披露いただきました。

楽曲の著作権もろもろの関係で
ライブはYoutube 版には残りませんので、
ぜひともオンエアをお聴きいただきたい回です。

s-107797155_222801922113427_1135746904053937709_n


s-108328851_1220917858275577_7932537508132021819_n


そして、
Garthさんのおすすめメニュー、
チリコンカルネと
ラムカレーは、

毎回
オーナーTaka さんの奥様が手仕込みされている、という
ホンマの家庭の味、

これを食べに行く価値ありのフードです。

s-108182000_333637254312944_5875071110844346641_n

オーナーTaka さんを交えて収録後にパチリ。

s-108220508_616707132287611_2996040746174393643_n

からの、
二人でサウージ。

2020-07-13 19.29.50

これはオマケ。
Makoさん、りくろーおじさんをお買い上げです。

というわけで、
このオンエアは必聴です!


この収録がきっかけとなって、

8月6日には
Chove Chuva でのライブが決定しました。

すでに残席僅少となっておりますが、
配信も予定していると思います。

こちらでも詳細をお知らせしますので、
ぜひ、よろしくおねがいします。

前回より続く)

このオンエアでは

ハグの効能についてもお話しました。

こういったサイトを参考にしましたので、ご覧ください。


抱き枕でもいいそうです。
おーたさんはこっち派ですね。

濃厚接触がどう、といいますが、
ハグがどれだけ健康にいいものか、
ここでひとつ再認識です。


再放送も含めて、
ポルトガル語の諸先輩をはじめとして
そんな単語知らなかった!
と意外なほど沢山反応をいただいたのが、

「カフネー」という単語です。

辞書を見ると、愛撫、とか書いてるんですが、
まあ、髪の毛というか頭をサワサワ、ナデナデする、というような意味です。

知っててもどうということはありませんで、
味わってナンボの単語でありますね(笑)。

歌詞の中にこの単語が出てきて、おやと思ったのが
こちらのアルバムに入っている
「Tá perdoado」という曲です。





帰ってきたら許してあげる、というような曲です。

そして、最後お別れの曲として選んだのは、
アンジェラ・ホ・ホが歌う
「Simples carinho」でした。

ジョアン・ドナートらしい曲と、
アベル・シルヴァの天下一品級のロマンチックな歌詞のコンビネーション。

オリジナルアルバムはこちら。



93年のライブアルバムでも歌われています。



シモーネもカヴァーしていました。
このCD、アートワークがオリジナルと違う…



女性男性問わず、色んな人のカバーがある名曲です。
この人はポルトガル語話者ではないですね。
たぶん、スペイン語圏の人でしょうか。

こちらが本家本元。
いろんな意味で貫禄のあるアンジェラ・ホ・ホと
力の抜けたジョアン・ドナートのピアノが
いい感じですね。



(歌詞の解釈をしているので続きもお読み下さい)

続きを読む

おーたさんです。

6月22日のオンエア(再放送は6月28日)は、

まず、エリゼッチ・カルドーゾの歌う「Chega de saudade」から始まりました。

ジョアン・ジルベルト自身の演奏と歌がボサ・ノヴァ第一号と言われますが、
こちらのエリゼッチ・カルドーゾ版はそれに対してときどき第ゼロ号と呼ばれます。

この曲が収められた「余りある愛の歌(Canção do amor demais)」というアルバムは、




あるインディーズレーベルより1000枚ほどプレスされただけでした。
それが全部はけることなども期待すらされていなかったそうです。

それもそのはず、今でこそこのアルバムは、
トン・ジョビンとヴィニシウス・デ・モラエスの作品ばかりを
収録したアルバム、そして、

ジョアン・ジルベルトのバチーダが初めて記録された
レコードとして珍重されたりしていますが、

当時トン・ジョビンは
当時「黒いオルフェ」の音楽を担当したばかりで
まだそれほど名前を知られていませんでした。

もちろん、「イパネマの娘」や「ワン・ノート・サンバ」などを
作曲して世界的に有名になる以前の話です。

また、エリゼッチ・カルドーゾも、
当時すでに素晴らしい歌手として評価されていたにもかかわらず、
ヒットチャートを賑わせるような曲には恵まれない時期だったようです。

このインディーズレーベル、
「フェスタ」のオーナーの趣味による
いささか地味なアルバムとして、
(予算の都合もあったのでしょう)
制作されたといういきさつがあります。

この辺の経緯については、
こちらに詳しいです。


「ボサ・ノヴァの歴史」
(ルイ・カストロ著 國安真奈訳)

また歌い方についてあれこれ指示する
ジョアンに
エリゼッチは疲れ果て、
しまいには口出し無用、とジョアンに告げ、
馴染みの伴奏者を連れてこようとさえしたようですが、
それは叶わず、

ジョアンとエリゼッチは平行線のままで
レコーディングが終わります。

結局は、ジョアン自身の録音になる
「Chega de saudade」と「Bim bom」78回転盤シングルが発表された後に、
このレコードは1000枚が売り切れるのみならず、
コレクターズアイテムになったそうです。

てな話をしばらくしたわけですが、
ネタを考えているうちに、

"Abraços e beijinhos, e carinhos sem ter fim..."

という一節が妙に気になりまして、

抱擁も、接吻も、愛撫も、
今となっては濃厚接触などと言われて、
ともすれば避けましょう、と言われかねないことだけど、
これが結局いちばん大事なんじゃないか、と思い巡らしたわけです。(笑)

というわけで、続きます。

おーたさんです。



6月15日のオンエアは、
蔵書を整理していて
「死語コレクション」という本を見つけたのが発端です。

明治~大正~昭和にかけて使われていた
今は死語となった言葉を集めた
日本の世相史としても読める本です。




ここに音楽関係の「死語」もあるに違いない、と
めくってみましたらいくつか見つかったので
オンエアで採り上げることにしました。

「オイチニイの薬屋」
「ジンタ」「曲馬団」「活動写真」「ペラゴロ」…

これ、わかりますか?

「美しき天然」と共に当時の「ジンタ」が演奏した定番曲、
「ドナウ川のさざなみ」は、
殿さまキングスによる日本語詩でのカバー
「恋路ヶ浜」を聴いていただきました。


「パロッタ・クラシック / 殿さまキングス」(配信のみ)


そして浅草オペラ全盛期に使われた「ペラゴロ」という言葉は、
もう何のことやらわからなかった、というくらい
現代とはかけ離れてしまった言葉になってしまいました。

浅草オペラの隆盛を象徴するような作品
「女軍出征」については

研究家・小針侑起さんのブログに詳しく掲載されています。

そして、小針さんの監修になる
浅草オペラ全盛期に実際に出演されていた方の歌声が
収録されたレコードから復刻されたCDが存在します。

あゝ浅草オペラ 女軍出征100年と魅惑の歌劇


後に「私の青空」「アラビアの歌」などのヒットを飛ばすことになる
二村定一さんの名前なども見られますね。

45日間連続で大入り満員になる作品があったほど
人気のあった浅草オペラですが、
関東大震災で劇場が被災、
大道具から舞台衣装が消失、劇場が使えなくなったり
ということが原因で衰退し、
1925年を最後に消滅してしまったそうです。

やはりこういった大きな事件のときが
節目になって世の中が大きく変わり、
人の考え方や行動様式も変化していくもので、

さて、21世紀の大きな節目に直面している私達は
どのような変化を求められているんでしょうか!?



おーたさんです。

5月25日のオンエアは、
LINEのビデオ通話での収録でした。

いろいろ遊べるというので、
河原さんは顔にネコひげを描いたり
自分は頭ごと犬になってみたりのやり放題。

その様子はこちらより。



登録お願いします。

さて、この日の選曲は、
キテレツ大百科から「はじめてのチュウ」など、
なんとか辞典の話題に絡めようと無理なこじつけもしました。

そして、
MPB 4 の「De palavra em palavra」



この曲はボサノヴァに対する洒落の効いたオマージュとなっていて、
初めて聴いた時には、クスッとさせられたものです。

曲調はもうズバリ、ちょっと懐かしさを感じさせるボサノヴァで、これはもう間違いない。

タイトルの「一言ごとに」というのは、
「De conversa em conversa」(会話のはしばしに)の中の歌詞の一部です。

そして歌詞は全て、ボサノヴァの有名な曲の一節を組み合わせたもの。
どの部分がどの曲の歌詞か全部おわかりになりますか?

日本語で載せておきますので、
これを手がかりに解き明かしてみられてはいかがでしょうか。


朝、こんなにも美しい朝
そして静寂の中で物思いにふける
ああ、なんということ
私は愛しすぎてしまった
そう、私は企て、考えた
でも世間は悪意と幻想に満ちている
つまるところ孤独だ、というなら、なぜイエスというところをノーと言ったりするの

愛、微笑み、そして花
私のサビアー鳥(ツグミ)、私のギターが
ここに残って私の心を傷つける
そう、私は沢山の詩を書いた
誰も言わないことを世間に向かって言った
幸せになるという幻想を育てた

愛は壊れた時最も悲しいもの
夢を見すぎた人の心のなかで痛むもの
ずっと夢を見ている
なんと愚かしいこと
あなたが再び戻ってくるまで
だってそれがあなたにとって一番のことだもの
でも話のはしばしに
一言一言に込めて言いたかったのは
ジョアン・ジルベルト、あなたに抱擁を
オバララー

エンディングでもさらに、
Aos pés da cruz
Saudade da Bahia
Presente de Natal
O bariquinho

の一節を畳み掛けてフェイドアウトします。

ね、すごく洒落のきいた一曲だと思いませんか?

おーたさんです。

5月24日のライブ音源蔵出しの再放送もよろしくおねがいします。

6月上旬オンエア分の収録もテレワーク収録となりました。

今回はなんとニューヨークから、
ジャズボーカリスト
みとゆかさんと繋いで
お話しいただきました。

収録時点での
ニューヨークの様子や
過ごし方についてもゆっくり
お話しいただきました。

今回はじめてZOOMで収録してみましたが、
ZOOMって、バーチャル背景が使えるんですね。

さっそく使って遊ぶ我々(笑)

98346248_2648397958782835_3200523665208770560_n

おーたさんは京都のジャズ喫茶「む~ら」のアロワナが泳ぐ水槽です。

そして、河原さんは大好きなライオンキング

なんと、
みとゆかさんがニューヨークで
いつも共演しているピアニストさんが
ブロードウェイで上演している
ライオンキングのメインピアニストだった、という
面白いシンクロがありました。

また、オフレコ中には絶対にここでは言えない
話題が飛び出て大いに盛り上がり、
ニューヨークの現地時間では
深夜になりお疲れのところだったと思いますが
非常に楽しい収録となりました。

6月1日もお楽しみに!

おーたさんです。

最近のオンエアでは、
蔵出しと称して、
過去のライブ音源をオンエアに載せていただいております。

ネタがないんだろう、という声が聞こえてきそうですね(笑)

それもありますが、
この時期すっかり人前で演奏することもなくなり、

それは自分だけではなく、
ライブハウスが営業自粛を求められる中で
自分だけでなくミュージシャン全体として
活動場所を失っているこの時に、
なんとか生演奏の雰囲気というか
名残だけでも、という気持ちで
やらせていただいております。

さて今回は、
それとは別に、収録時に
ゲストさんに演奏していただいたもの、
おーたさんとセッションしていただいたものを集めた
リストを作成しました。

こちらのリンクから飛んでいただけます。


動画の説明のところに、
何分辺りから、というコメントを入れておりますので、
ご利用ください。

こうやって集めてみると、結構やっていただいていて、
今までなんでこのリストを作ってこなかったんだろうと思います。

2017年8月24日オンエア、これは台風の日に収録したんだったかな?
東京進出を発表する直前
(オンエアの日に今日言います、みたいな話だったかな?)の
ちなげさんにおいでいただいたときのものです。

まさに絶好のタイミングで、この時を逃せば
なかなかつかまらない人になっていたと思うと
おーたさん、なかなかの慧眼でした。

久しぶりに会ったちなげさんの
女っぷりがめちゃめちゃ上がっていて
父親くらいの年齢なのに
おーたさん、ちょっとドキッとしました(笑)

2018年12月3日オンエアは、
バイオリンの外薗美穂さんとの、神回と呼んでいたものです。

収録時にガンで闘病していた共通の飲み仲間に
捧げた演奏でした。

残念ながらオンエア日には間に合いませんでしたが、
天国で聴いていただけていたら、と思います。


2019年3月18日オンエアは、
ちょっと事情があって収録日の午前中にお声がけして
なんと快諾いただいたという
フルートの市瀬由紀さんと。

市瀬さんのオリジナルを演奏していただきました。

2019年7月8日オンエアは、
御大・カオリーニョ藤原さんと、いつものステージさながらに、
おなじみのレパートリーをご一緒いただきました。

2020年1月6日オンエアは
津軽三味線の野崎竹勇雅さんに、独奏で曲弾きを披露していただきました。
それぞれの得意技を披露するという、
名刺代わりの演奏だそうです。

2019年11月25日オンエアは、
ギターの牧野由希子さんが高速でルービック・キューブを6面完成する
様子をエアに乗せたという、なんとも無謀な企画でした。

今は動画で確認いただけますが、
オンエアでは、ただ単に、ガチャガチャと
キューブを回す音だけが流れていたという、
リスナーさんをモヤモヤさせる一幕でした。

また、JC&CのアルバムやPVからの音源を
がっつり乗せておりますので、そちらも合わせてお楽しみください。

2020年2月17日、これが最新になります。
バンドネオンの生島大輔さんとのセッション。

グラバー邸での収録はなぜかタンゴという不思議なことになっております。

また、オンエアには未収録の La Cumparsita の動画も
リストにいれておりますので、
是非ご覧ください。

おーたさんは、ぶっつけ本番でかなり慌てた感じになっております。

ご覧になったあとは
チャンネル登録もしていただけるとありがたいです!
よろしくおねがいします(^^)

おーたさんです。

5月25日(再放送:5月31日)のオンエアは久しぶりに、
今日は何の日シリーズです。

出版界の大事業がふたつ
違う年の、5月25日に完成しています。

一つは岩波書店の「広辞苑」、
そして、もう一つは、
大修館書店が出版した世界最大の漢字辞典である
「大漢和辞典」です。

想像を超える労力と時間の果てに
完成したと知ってビックリしました。

また、戦争で版や物資が失われてしまったり、
制作が中断しそうになったりしながらの
完成でした。

昔の話ですが
現代の私達に向けての
メッセージにも思えてきます。

また、ニッコリしそうな話も交えてみました。

今回もお楽しみに!

番組を楽しむにはこちらから↓
<エフエムプラプラ>
ブラウザから、あるいは便利なアプリから
https://www.yesfm.jp/about/listen

↑このページのトップヘ