おーたさんです。

おーたかずお公式ブログ

おーたかずお:自称「全方向・全天候型ピアニスト」関西方面で地味にやっております。
技量はまだまだですが、「伝わる」演奏を心がけています。
読みにくい漢字でよく似た名前の人がいますが、別人ということで。

プロフィールの全文をこちらに移動しました。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/9180466.html

スケジュールはカテゴリ「スケジュール」から一発で飛べます。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/cat_99777.html

大阪市中央区のコミュニティーFM YES-fm で「おーたかずおの音楽de小話」という番組をさせていただいています。ラジオはもう9年目になります。
「おーたかずおの音楽de小話」Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCQ9-dE_EqYrXDY7WAXvlJJA

最近の参加アルバムについてこちらでまとめています。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/15083031.html

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/pianotadez/

Produits Exotiques / Fly me to the Moon
https://t.co/okL4Iif0Js?amp=1
OTOTOY「Play for Japan 2012 Vol.1」に収録されています。
売上が福島に寄付されます。
https://ototoy.jp/_/default/p/26159

不安な時、眠れない時、ちょっと試しに聴いてみてください。
羊シリーズ
https://soundcloud.com/user-502360810/sets/thk4gkeludmk/s-DBu9X

タグ:ちんどん通信社

おーたさんです。

煮詰まった作業の合間に(?)
ダラダラっと書きます。
長文なのでお時間のあるときにどうぞ。

4月辺りからにわかに慌ただしくなっておりますが、
みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

5月など、連休明けから月末に向かって12本、
その間を縫ってレコーディングと息つく暇もなく過ぎていった感じです。

毎回のライブでは
おかげさまというか実に沢山の方々とお会いすることができまして、

これも色んな場所へ赴いて演奏する醍醐味と言えましょう。

それぞれのライブについての写真とかアップできると楽しいのですが、
振り返る間もなく、次から次へと
まさに、パンクを直しながらそのまま走行するかのような
時間の流れの中にいるようです。

どのライブも楽しい場面があり、ひとつふたつだけ採り上げるというのも
申し訳なく恐縮なのですが、

ここはあえて直近のものについてお話させていただきます。

先日の近鉄アート館での
青木美香子さんのコンサートは

青木さんのまさに独壇場、
スイートメモリーズと共に毎月行っている活動の集大成のようでもありました。

また、青木さんのステージには欠かせない
林幸次郎ちんどん通信社社長の仕切りや、

ゲストの
サキタハヂメさんとのやり取りは後ろで聞いていて抱腹絶倒でした。

サキタさんのちんどん通信社時代のお話も最高でしたが、
今回、話の流れから「サンダーバードのテーマ」を演奏することになった経緯も面白いものでした。

サキタさんがかつて演奏に加わりたかったが現場の事情かなにかでできず、
数十年の後、念願かなってついにお披露目となったというもので、

積年の思いを晴らすかのように
リハの後にかなりアイデアを練ってくださり、

様々な鳴り物とのこぎりを駆使して
イントロのカウントダウンからノリノリで演奏されていました。

エンディングが決まった後、

少年のような「してやったり顔」でこちらを向かれたのがまた最高でした(笑)
客席のみなさんには残念ながら見えなかったでしょう…ヒヒヒ

これは想像いていた以上に面白い演目となりまして、
サキタさん、またどこかでやってくれないかなあ、などと妄想しております。

そして、もう一つ。

その前日には、久しぶりの
はちみつボイス☆知展さんの25周年記念ライブが

これまた久しぶりの
昭和町・Dutch さんで行われました。

知展さんは現在、地元の唐津で活動していますが、
自分が知り合った当時、17年前だったでしょうか
東京を本拠地にしておられました。

大阪で演奏できる場所を、と相談されて、
その頃すでに自分が懇意にしてもらっていた
Dutch さんがまず浮かびました。

ステージのこととかは全く心配なく、
よくしていただけるのはまあ間違いなかったのですが、

昭和町という言わば大阪の中心街からは離れた
ちょっとディープな場所でもあり、
東京の人だけど、集客の面とか大丈夫だろうか、という思いも少しありました。

その事を知展さんにも伝えたのですが、

なんと、
知展さんは大学時代を大阪で過ごしており、
昭和町は庭同然だった、ということでして、

なんだ、自分よりよく知ってんじゃん(笑)ということがありました。
まあ、なんか「持ってる人」って、こういう風なめぐり合わがよくあるんですよね。

知展さんとDutch さんの縁はかくして、今なおこのように続いております。

いつもPAをやってくださる
潤さんも相変わらず元気そうで何よりでした。

知展さんのステージは珠玉のオリジナル曲に加えて
「人柄第一主義」のキャッチフレーズ通り
その人柄がそこはかとなく伝わるトークがもう一つの目玉になっていて、

曲のテーマとなったご家族の話や、
東京でのバイトの話は何度聞いても笑えます。

アンコール含めて18曲、終了する頃には
3時間経った、というと、
どれくらいお話をされているかわかると思います(笑)

CDもいいですが、やはりステージに足を運ばれるのが一番です。

ベースの水元まりおさん、初めてご一緒しましたが、
ツボを抑えたプレイで安定感抜群のサポートぶりでした。

7月にはラジオのゲストにお迎えしたのがオンエアされますので、
知展さんを知らない方も是非お聴きください。

さて、さらにさらに、

朋友・串崎真志教授が新聞の取材に答えたものが
記事になったとお知らせいただきました。




人の気持に寄り添うのも、そればかりだと疲れちゃうんですね。

こうした疲労感は、個人的には、
漠然とした不安なんかとも共通していると思います。

過去のことを後悔してみたり、
先のことを考えて漠然と不安になってみたり、
また、人のことに思いを馳せたり、というのは

どれも、

「心が今ここにいる自分の中心を離れて
どこかに飛んでいってしまう」

状態だと言えます。

手前味噌ですが、
「どっか飛んでいっちゃった心を自分の中心に取り戻す」ことを意図して

かつて作った「ポンヤ~~~」とした音楽もお試しいただきたいです。
個人的な感想としては、本当に、思考がいったん飛んでいってしまう感じがします。

薬を飲まなくてもこれを流して2周目くらいで寝られた、とおっしゃってくださった方もおられますよ。




思わず宣伝を挟んで失礼しました。

串崎先生は
近年はHSP をテーマに研究を続けておられ、
何冊かHSPについての本を出版しておられますので、
このテーマに関心のある方はぜひお読みいただきたいと思います。


繊細な心の科学ーHSP入門
大学の教科書っぽいですね。


繊細すぎてしんどいあなたへ――HSP相談室 (岩波ジュニア新書)
こちらは高校生から読めます。



串崎教授とは中学高校を通じてジャズ好き同士よくつるんでおりました。
その頃の彼の音楽の趣味を偏向させてしまったのは自分かも知れません(笑)

お陰様で(?)番組のゲストにおいでいただいた時には
ブイシーなヤノピのCDを選曲してもらったりしております。


6月も言ってる間に終わり、いよいよ今年も後半です。

なんやかんやありますが、
お気楽一番でやって参りましょう。

おーたさんです。

ニューサントリーファイブさんは今週いっぱいまでは休業されるとの由で、
24日に予定されていたマンスリーライブは中止する代わりに
場所をお借りして無観客でライブを録画しました。

無料でご覧いただけますので、お時間のある方はどうぞ。





来月は通常通り開催できるよう祈っております。

おーたさんです。

昨年8月31日に
シャンソニエ、

らいぶはうすサンジャンさんにて開催された

「真夏の夜の夢」が

1月末まで特別に配信されております。




レパートリーは、昭和歌謡、レトロなジャズ、オリジナルソングなどなどてんこ盛り。
そこにちんどんサウンドとピアノが絡むという、

自分であらためて観ても、
ものすごいライブです。

外出もままならないこの時期ですが、

この機会に、是非とも
お家でゆっくりとお楽しみいただけると嬉しいです。

おーたさんです。

いよいよ8月28日も近づいてきまして

「誕生日、干支、血液型が同じ二人のユニット」
THE 828(ヤヅヤ) でリハをしました。

今回はこちらにお世話になりました。



てっちゃんはとても意欲的に、毎回新曲を携えてリハに臨みます。

それを二人してああだこうだ言いながら
形を整えていくわけです。

この感覚もこの期間中にちょっと忘れていて、
半年の間に退化してしまったと思われるものを
少しずつ取り戻しつつあります。

二人でアイデアを出し合った結果に
てっちゃんも満足げでした。

というわけで、
リハが終わってハイ、パチリ。

2020-08-25 18.25.20


この新曲は、
8月28日に
梅田のサードストーンさんにて披露する予定です。




19:30 開演、チャージ2,500円。
バースデープレゼントなどのお気遣いはナシで、
顔を見せていただけたら嬉しいです!!!
(暗に催促しているわけではありません、本当に!)

てっちゃんがTHE 828のために書いてくる曲は、
温泉気分とでも言うような、ほっこりする曲が多いです。




そういえば、旅もしてないし、
ゆったり気分に浸りたいな、と思ったら
おいでいただけますと嬉しいです。

そして、
写真を撮るのを忘れてしまったのですが、

東西屋さんの事務所にて
8月31日に開催の、

「シャンソン共和国プレゼンツ・真夏の夜の夢」

のリハーサルもやりました。

このステージのプロデューサーである
須山公美子さんのオリジナルや
意表をついた選曲のかずかずを、

ゲストの青木美香子さんと自分とのコラボで
演奏するという怒涛の企画。

こちらも須山さんのイメージを伺って
現場で試しに合奏したり、その場でアレンジを考えたり譜面を書いたりしながら
音を作っていきました。

世界中を探してもちょっと珍しい音になっていると思います。

どんな音になるんかいな、と思われるでしょうね。

はい、自分もリハ現場に行くまでそう思っていました(笑)

当日はファーストステージのみですが、配信もされ、
そこからドネーションをお願いしております。

お店の方はまだ若干席に余裕があるそうですので、
お店での観覧に興味のある方はこのブログのメッセージでも、
お店でも結構ですので、お問い合わせくださいね。

何が出てくるかは、蓋を開けてからのお楽しみとさせていただきますが、

「真夏の夜の夢」のタイトルにふさわしい、
スペクタクルでカオスで文学的なステージになると思います!

8月31日の詳細です。

シャンソン共和国フライヤ01
シャンソン共和国フライヤ02

シャンソン共和国プレゼンツ
「真夏の夜の夢」 花火大会も、盆踊りも、夏祭りの夜店もなかった今年の夏。 でもいつもと同じように、夏はやってきて、去っていきます。 8月最後の夜。 福を招くちんどんとともに、懐かしい昭和歌謡、レトロなシャンソンやジャズ、オリジナルソングをお楽しみ下さい。 そして来年は、花火大会も、盆踊りも、夏祭りの夜店も戻ってきますように。 8月31日(月)
@神戸摂津本山駅北口すぐ らいぶはうすサンジャン
開場:19:00 開演:19:30 ミュージックチャージ3500円(1ドリンク付き)
新型コロナ感染防止に鑑み、15席完全予約とさせて頂きます。
ご予約は、各出演者、シャンソン共和国ブログ・facebookメッセンジャーで承ります。
出演:
須山公美子(うた) ちんどん通信社: 林幸治郎(ちんどん、トランペットほか) 小林信之介(クラリネット) ジャージ川口(バンジョーほか) 仮屋崎郁子(アコーディオン、うた) おーたかずお(ピアノ) ゲスト:青木美香子(うた) なお、このライブは、Youtubeによるネット配信がございます。 ◆当日ライブ配信:19:15より開始致します。本編は、19:30より始まります。 ◆アーカイブ配信:9月1日21:00~9月7日の間、より良いアングル・画質・音質に編集された動画を、youtubeにアーカイブ配信致します。
配信ご試聴方法:以下のふたつの方法があります・
(1)キーワード検索:youtube内検索で、キーワード「シャンソン共和国」「831真夏の夜の夢」でご検索下さい。ライブ・アーカイブ共、同じ検索ワードです。
(2) 8月29日夜より、配信URLを、シャンソン共和国ブログ・facebookページにて告知致します。 この配信は、みなさまの投げ銭によって成り立ちます。是非とも熱い応援投げ銭お寄せ下さい。
◎投げ銭お振り込み先: ゆうちょ銀行:シャンソン共和国(シャンソンキョウワコク) [記号]14320 [番号]95887791 *ゆうちょ以外の金融機関からは [店名]四三八(ヨンサンハチ) [普通口座番号]9588779 お振り込みの期間は、8月31日~9月8日とさせて頂きます。

おーたさんです。

時間のやりくりが下手なんでしょうけど、
更新滞っております。

お伝えしたいライブレポもあるのに、もったいないことです。

そして、予告もなく本日は、ということで

青木美香子さんのマンスリーライブ、
自分と同い年、同じ生まれ月のお店、
ニューサントリーファイブさんにて。

続きを読む

↑このページのトップヘ