おーたさんです。

おーたかずお公式ブログ

おーたかずお:自称「全方向・全天候型ピアニスト」関西方面で地味にやっております。
技量はまだまだですが、「伝わる」演奏を心がけています。
読みにくい漢字でよく似た名前の人がいますが、別人ということで。

プロフィールの全文をこちらに移動しました。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/9180466.html

4月の出没予定はこちらです。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/9000011.html

大阪市中央区のコミュニティーFM YES-fm で「おーたかずおの音楽de小話」という番組をさせていただいています。ラジオはもう8年目になります。
「おーたかずおの音楽de小話」Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCQ9-dE_EqYrXDY7WAXvlJJA

最近の参加アルバムについてこちらでまとめています。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/8830431.html

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/pianotadez/

Produits Exotiques / Fly me to the Moon
https://t.co/okL4Iif0Js?amp=1
OTOTOY「Play for Japan 2012 Vol.1」に収録されています。
売上が福島に寄付されます。
https://ototoy.jp/_/default/p/26159

不安な時、眠れない時、ちょっと試しに聴いてみてください。
羊シリーズ
https://soundcloud.com/user-502360810/sets/thk4gkeludmk/s-DBu9X

432Hzに変換したリストを作ってみました。
(7匹目~10匹目までの公開にしました)
https://soundcloud.com/user-502360810/sets/432hz/s-2E1DfkEeUup

タグ:松井優樹

おーたさんです。

いつの話やねん、という感じですが、

2021年1月15日
む~らさんで行われた

松井優樹さんとのライブの映像を

松井さんがご自身のチャンネルにアップしてくださいました。





2曲とも、松井さんのオリジナルです。
ぜひご覧になって、
気に入ったらチャンネル登録もしていただけると嬉しいです。

あ、おーたさんのチャンネルも
少しずつ充実して行くようにしますので、よろしくお願いします。



以前、松井さん、ダルブッカの森内さんと
元町のtheater jazzy さんで演奏した時の音源を
自分のチャンネルにアップしてみました。
動画でなくてごめんなさいです。

おーたさんです。

現時点での開演時間変更のお知らせです。


1/14(木)AZUL TERRACE

Tommy新春ジャズショー

Tommy (Tb)
薮下ガク(G)
坂井美保(B)
冨永ちひろ(Ds)
おーたかずお(P) 

OPEN: 17:00 /  START: 18:00(変更になりました)
MUSIC CHARGE: 予約・当日ともに¥3,000
Tcチャーム:¥500

1/15(金)む~ら

アロワナライブ vol.2,700

松井優樹(fl)
おーたかずお(p)

STAGES: 18:30(変更になりました)
CHARGE: (予約)¥2,000、(当日)¥2,500


ご予定を検討していただいていた皆様には

ご不便ご迷惑をおかけすることになるかも知れませんが、

なにとぞ、ご理解ご協力のお願いを申し上げます。

おーたさんです。

で、オセンチな話に熱を入れすぎて
5月18日の予告をするのを忘れた感がありますが…

この回も

2019年12月6日
クロスロードでの最後の演奏となった
くりた・おーたデュオで
U.M.M.G

2019年12月25日
theater jazzy での
松井優樹・森内清敬・おーたかずおの演奏で松井さんのオリジナル、
Flower Crown

2019年5月23日
クロスロードでの
THE828の演奏で
藤田鉄平さんのオリジナル
ケヤキの木

をお楽しみください。

おーたさんです。

2月3日のオンエアは、
日本でもまだ数えるくらいしかいないと思われる
ダルブッカ奏者の
森内清敬さんがゲストでした。



なぜまたトルコへ、と伺ってみると、
なんと、大学の後輩だったことが発覚、
一気に近い存在に感じました(笑)

なるほど、そういうことだったのね。

なんの気なしに住んだトルコでの
経験が人生を変えた、という
こちらもまた運命の出会いのお話でした。



1曲めに選んだ、
Armen Donelianの「To waltz or not to...」はこちらのアルバムに入っております。


そして、選んでいただいた
森内さんの師匠、
ムスル・アフメットの音源はこちらです。

そして、

続きを読む

↑このページのトップヘ