おーたさんです。

おーたかずお公式ブログ

おーたかずお:自称「全方向・全天候型ピアニスト」関西方面で地味にやっております。
技量はまだまだですが、「伝わる」演奏を心がけています。
読みにくい漢字でよく似た名前の人がいますが、別人です。

3月の出没予定はこちらです。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/8789852.html

大阪市中央区のコミュニティーFM YES-fm で「おーたかずおの音楽de小話」という番組をさせていただいています。ラジオはもう5年になります。
「おーたかずおの音楽de小話」Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCQ9-dE_EqYrXDY7WAXvlJJA

最近の参加アルバムについてこちらでまとめています。
http://otanokami.officialblog.jp/archives/8830431.html

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/pianotadez/

Produits Exotiques / Fly me to the Moon
https://t.co/okL4Iif0Js?amp=1
OTOTOY「Play for Japan 2012 Vol.1」に収録されています。
売上が福島に寄付されます。
https://ototoy.jp/_/default/p/26159

不安な時、眠れない時、ちょっと試しに聴いてみてください。
羊シリーズ
https://soundcloud.com/user-502360810/sets/thk4gkeludmk/s-DBu9X

432Hzに変換したリストを作ってみました。
(7匹目~10匹目までの公開にしました)
https://soundcloud.com/user-502360810/sets/432hz/s-2E1DfkEeUup

タグ:須山公美子

おーたさんです。

昨年8月31日に
シャンソニエ、

らいぶはうすサンジャンさんにて開催された

「真夏の夜の夢」が

1月末まで特別に配信されております。




レパートリーは、昭和歌謡、レトロなジャズ、オリジナルソングなどなどてんこ盛り。
そこにちんどんサウンドとピアノが絡むという、

自分であらためて観ても、
ものすごいライブです。

外出もままならないこの時期ですが、

この機会に、是非とも
お家でゆっくりとお楽しみいただけると嬉しいです。

おーたさんです。

いよいよ8月28日も近づいてきまして

「誕生日、干支、血液型が同じ二人のユニット」
THE 828(ヤヅヤ) でリハをしました。

今回はこちらにお世話になりました。



てっちゃんはとても意欲的に、毎回新曲を携えてリハに臨みます。

それを二人してああだこうだ言いながら
形を整えていくわけです。

この感覚もこの期間中にちょっと忘れていて、
半年の間に退化してしまったと思われるものを
少しずつ取り戻しつつあります。

二人でアイデアを出し合った結果に
てっちゃんも満足げでした。

というわけで、
リハが終わってハイ、パチリ。

2020-08-25 18.25.20


この新曲は、
8月28日に
梅田のサードストーンさんにて披露する予定です。




19:30 開演、チャージ2,500円。
バースデープレゼントなどのお気遣いはナシで、
顔を見せていただけたら嬉しいです!!!
(暗に催促しているわけではありません、本当に!)

てっちゃんがTHE 828のために書いてくる曲は、
温泉気分とでも言うような、ほっこりする曲が多いです。




そういえば、旅もしてないし、
ゆったり気分に浸りたいな、と思ったら
おいでいただけますと嬉しいです。

そして、
写真を撮るのを忘れてしまったのですが、

東西屋さんの事務所にて
8月31日に開催の、

「シャンソン共和国プレゼンツ・真夏の夜の夢」

のリハーサルもやりました。

このステージのプロデューサーである
須山公美子さんのオリジナルや
意表をついた選曲のかずかずを、

ゲストの青木美香子さんと自分とのコラボで
演奏するという怒涛の企画。

こちらも須山さんのイメージを伺って
現場で試しに合奏したり、その場でアレンジを考えたり譜面を書いたりしながら
音を作っていきました。

世界中を探してもちょっと珍しい音になっていると思います。

どんな音になるんかいな、と思われるでしょうね。

はい、自分もリハ現場に行くまでそう思っていました(笑)

当日はファーストステージのみですが、配信もされ、
そこからドネーションをお願いしております。

お店の方はまだ若干席に余裕があるそうですので、
お店での観覧に興味のある方はこのブログのメッセージでも、
お店でも結構ですので、お問い合わせくださいね。

何が出てくるかは、蓋を開けてからのお楽しみとさせていただきますが、

「真夏の夜の夢」のタイトルにふさわしい、
スペクタクルでカオスで文学的なステージになると思います!

おーたさんです。

どんな風になるのか予想もつかなかった
このライブ、

非常に盛りだくさんの内容で、
一粒で二度おいしいどころか
見どころ満載、
自分が観ていたかったライブとなりました。


続きを読む

おーたさんです。

1月19日はこれまたすんごい組み合わせです。

燈門の岸田さんのコピーをお借りしますと…

続きを読む

↑このページのトップヘ